阿闍梨餅

今日のおやつは、昨日 新潟伊勢丹で購入した、
満月さんの「阿闍梨餅」。
阿闍梨餅


今、新潟伊勢丹では、「京都歴代のれん市」という催しをやっていて、
別になにも買うつもりはなかったのですが、ちょっと寄ってみました。
お酒も置いていなく、がっかりしながら歩いていると、かみさんの
お菓子センサーがビビッと反応しました。

おぉ!阿闍梨餅があるではありませんか(゜o゜)。
京都に行くと、阿闍梨餅の売り場はいつも長蛇の列なのに、
全くそんな気配がありません。
広告にも載っていなかったので、皆さん気づいていないのかもしれません。
入荷数も少ないようなので、すかさず購入です。


そして今日、かみさんがお茶を点ててくれたので、一緒に頂きました。
阿闍梨餅と抹茶

やっぱりこのもちもち感がいいですね。
食べたことが無い方は、是非一度食べてみてください。
スポンサーサイト

新津方面

今日は、昨日の気持ち良い秋晴れから一転、どんよりした天気です。
午前中、時間がもらえたので、久しぶりにMTBで新津方面に向かいます。
7月の大雨の後、道が荒れているのは容易に想像できたので、
ずっと行っていませんでした。

以前は、車でアプローチしていたのですが、ここ数年は、
運転している時間とガソリン代がもったいないの、
自走でいっています(^.^;)。

家を出てすぐに雨がぱらついてきましたが、気にせず進みます。
通り道のR403は、春は菜の花、夏は向日葵、
そして今はコスモスが咲いています。
R403 コスモス

登り始めるのは、紫陽花が有名な山から。
たがみ マンホール

一番メジャーな登山(?)道を一気に登り、頂上近くの休憩ポイントで一服します。
今日の見晴らしはこんな感じです・・・。
休憩スポット

エネルギー補給は、献血で頂いたカロリーメイト+羊羹です。
やっぱ日本人は羊羹やどら焼きでの補給が一番です(^^ゞ。
エネルギー補給

そして、下りはメジャーな道はハイカーの脅威になってしまうので避けて、裏側へ。
他の山へのアプローチにもなります。
裏道

その後、いつも使っているルートに行ってみると・・・水害の復旧工事中で通れません。
日曜日にもかかわらず、工事ご苦労様です。
それでは、他のルートへ行ってみると・・・通行止め。orz
あちこち行く時間も無いので、今日はこれで退散することにしました。

今シーズンは、この近辺は諦めることにします。
来シーズンの復活を願ってます。



昔づくり越後の長者

今日は、以前から気になっていた酒屋さんへ行ってきました。
「地酒防衛軍 吉川酒店」 です。
こちらは、ゆじゅパパさんが良くご利用されているようなので、
行ってみたかったのです。
そこでかみさんを引き連れて行ってきました(^^ゞ。

残念ながら、話をしたかった隊長(店主)が配達で不在でした。orz
しばらく物色し、パートの方と話をしながら購入決定したのがこちら。

長者_01  長者_02  長者_03
新潟銘醸株式会社さんの「昔づくり越後の長者」 です。

新潟では数少ない、山廃純米酒ということでチョイスしました。
使用している酒米が分からなかったので、パートの方に確認して頂いたら、
五百万石ということでした。この価格(一升瓶で¥2,270)で五百万石で
あれば、スペック的にはお買い得の部類だと思います。

お店では、冷蔵庫に入れてありましたが、帰宅後は冷蔵庫に入れずに
室内に放置して、常温よりやや低い温度で飲んでみました。

香りは・・・山廃らしい香りですね。
肝心の味は・・・辛口ですね。ラベルにも記載してありますが・・・。
日本酒度は+1~+3ですが、酸度が2前後なので、辛口に感じる
のでしょう。
最近はあまり辛口は好まないのですが、山廃なので良しとします。(^^ゞ
普段飲みにちょうど良いですかね。

今度は、隊長がお店にいる時間帯に、遊びに(?)行こうと思います。



それから、先日開封した、〆張鶴の「越淡麗吟醸」ですが、
こちらも常温に近い温度にして飲んでみました。
・・・前回は、冷やし過ぎたようですね。こちらの方が味わいがあります。
とは言っても、すっきり飲み易いことは変わりありませんが。(^^ゞ
 




ルーテシア グランジュテ のモンブラン

今日のおやつは、かみさんのたっての希望で、
「栗」を使ったスィーツということで、新潟伊勢丹で物色。

まずは、和菓子の”里仙”の「栗かん」を見に行きましたが、
既に完売。orz・・・

仕方なく、和菓子はあきらめて、ルーテシア グランジュテでモンブランを
購入することにしました。

モンブラン  新栗のモンブラン
左が「モンブラン」 右が「新栗のモンブラン」 です。

味は・・・「新栗のモンブラン」は、上品な味ですね。
すっきりしてます。30個くらいは食べれそうです(笑)。
「モンブラン」は、栗はラム酒に漬けてあるのでしょうか。
全体的に濃厚な味わいです。(新栗に比べてですが。)

価格は、新栗の方が少し高いのですが、私は定番の「モンブラン」の方が好きですね。
(モンブランが¥440,新栗のモンブランが¥458 税抜き価格)
一般的にモンブランは価格が高めですが、かみさんが幸せそうに食べていたので、
良しとしましょう(^.^)。


角田山 灯台コース

今日は、気持の酔い良い秋晴れ。
かみさんと一緒に、近くの角田山に登ることにしました。
”本日のコース”は、「灯台コース」にします。
灯台コースを登ると、今シーズン、角田山全コース制覇することになります。
(公認の5コース+未公認の「宮前コース」「桜尾根コース」)

角田浜に駐車し、早速登り始めます。
灯台コース_01

普通は、波打ち際の階段で灯台に向かいますが、今日はこちらのトンネルをくぐります。
灯台コース_02  灯台コース_03

この先には、名称 「判官舟かくし」 なる洞窟があります。
なんでも、源義経が頼朝に追われて平泉に向かう際に、舟に乗ってここに隠れたそうです。
灯台コース_洞窟

この脇を通って、登りに入ります。
灯台コース_04

少し登っただけで、すでに灯台があんなに下方に。
それだけ、いきなりの急勾配ということになります。
灯台コース_05

そしてしばらく岩場を登っていきます。
灯台コース_06

ようやく木陰があるコースになり、少し楽になります。
灯台コース_07

後は他のコースと同じ感覚で頂上まで登っちゃいます。所要時間は1時間くらい。
そしていつものように観音様にお参りです。
灯台コース_08  灯台コース_09

少し休憩後、一気に下ります。
岩場の下りは、濡れていると滑りやすく気を使いますが、今日は気楽に下れます。
灯台コース_10

そして下山後は、いつものように私は自転車で、かみさんは車で家に向かいます。
灯台コース_11

帰りは向かい風で、バテバテに。
でも、天気が良くて本当に気持ちの良い日でした(^.^)。





幕張メッセ

今日は、とあるフェアの見学で幕張メッセに行きました。
IPF_01  IPF_02

幕張メッセは4年ぶりです。
昼食も取らずに、一日中歩き回って疲労困憊(-_-;)。
週末だし、帰りは道草したかったのですが、真直ぐ家に帰りました(T_T)、

幕張メッセは、仕事ではなく、サイクルモード見学なんかで行きたいですね。

〆張鶴 越淡麗吟醸

日曜は、雨が降らないうちに、自転車でいつもの
海岸沿いの練習コースへ。
普段と特に変わらないので、詳細は省略です(笑)。

夕方は、消費したカロリーを補うべく、こちらを投入。
〆張鶴 越淡麗 箱  〆張鶴 越淡麗 瓶  〆張鶴 越淡麗

宮尾酒造さんの「〆張鶴 越淡麗 吟醸」 です。

先週、三越で買い損ねていたのですが、そのあとすかさず
伊勢丹に行って購入していました(^.^;)。

まずは香りですが・・・吟醸香はあまりしませんね・・・。
酵母は何を使ってるのでしょうか。10号あたりでしょうか。

口に含んでみると・・・さっぱりしてます。
やはり淡麗辛口ですね。但し、上品な感じです。
飲んだ後の余韻というものは感じません。
飲んだことさえ忘れてしまいそうです(ちょっと言い過ぎた)。

料亭なんかで飲むにはいいお酒だと思います。
でも、私はもう買うことはないと思います。
価格も、私には高額ですし(-_-;)。

残念ながら、私の好みのお酒ではありませんでしたが、
飲み飽きのしない酒ということでは、お奨めですね。







マダムシンコを食べました!

今日は、昨日飲み会があったため、朝は遅めの起床。

近くに山登りに行きたかったのですが、天気が怪しかったので、
様子をみていましたが、断念してショッピングに専念することに。
かみさんと、てくてく歩いて万代シティへ。
伊勢丹の地下では、いつものように日本酒の試飲をして帰ってきました。
ちなみに今日は、「寒九の水」を売りにしている、近藤酒造さんでした。
先週、こちらで〆張鶴を購入したばかりなので、今日は何も買わずに退散です(-_-;)。

帰宅後、先週購入しておいたマダムシンコの「マダムブリュレ」と、
「塩キャラメル バウムクーヘン」 を食べることに。

20111022_01
右が「マダムブリュレ」、左が「塩キャラメル バウムクーヘン」です。

今日は、両方とも常温で食べることにしました。
まずは、塩キャラメル バウムクーヘンから。
う~ん。かなりキャラメルの味が濃いですね。
バウムクーヘンが完全に負けちゃってる感じですね。

次にマダムブリュレ。
やっぱりマダムシンコといったらこれですね。
私はこちらの方が好きです。
でも、この美味しさは、正統派の美味しさではないと思いますけどね。
(やっぱり、プレーンなタイプが正統派だと思います。)
でも、これはこれでいいんです。美味しけりゃいいんです!


マダムシンコ 購入

しばらく仕事が忙しく、ろくに休みも取れずバタバタしていました(-_-;)。

それは置いといて、義母が、マダムシンコ(のマダムブリュレ)をテレビで観てから、
食べたいとぼやいている・・・・と、かみさんが言っていました。

マダムシンコは通販が可能ですが、1~3ヵ月待ちが当たり前です。
最近は、マダムシンコのある大阪方面の出張もないので、
どうしようか思案していたところ、新潟三越で「秋のフードフェスタ」の
一環で、マダムブリュレを販売するとのことで、かみさんに教えました。

母親思いのかみさんは早速購入を決意(本当は自分が食べたいだけ)
そんなに早く行く必要は無い筈ですが、安全策を取り、三越開店1時間前に
並びました。案の定他に人はいなかったとのこと(^.^;)。
私は用事があったので、開店少し前に合流しました。
(私の目的は、同じくフードフェスタで販売している日本酒「〆張鶴吟醸越淡麗」。)

10時の開店で店内に入りましたが、鼻息の荒いおばさんに抜かれ、
2番手となりました(^.^;)。
で、かみさんの実家と我が家の分と2個買うつもりだったのですが、
広告には無かった、限定商品の「塩キャラメル バウムクーヘン」が
あるではないですか!これは我が家も食べたことが無く、どうしようか
緊急家族会議の結果(3秒で決断)、我が家の分は両方買うことに(^.^)。

マダムシンコ 外箱

結局、計3個購入してきました。
ちなみに、私の目的であった、「〆張鶴吟醸越淡麗」は前日で売り切れでした(T_T)。

箱を開けるとこんな感じです。
ホワイトタイガーの柄(ゼブラ柄ではありません)が、「塩キャラメル バウムクーヘン」です。
改めて思いますが、さすが大阪って感じですね。
マダムシンコ 中身


早速お茶に・・・といきたいところですが、かみさんはこれから実家に行き宿泊、
私もいろいろ忙しい(試験&飲み会連チャン)ので、そのまま冷凍庫行きとなりました(T_T)。

食べるのは、明後日の夜になりそうです。



ねんりん家 バームクーヘン

昨夜から、神奈川県に出張に出ていたので、帰りに
お土産を買うことにしました。

とりあえず東京まで戻り、新宿のデパ地下でお菓子を物色。
ついでに日本酒の試飲もしました(^_-)。
しかし何も買わず、東京駅へ・・・。

結局、八重洲口の大丸でこちらを購入。

ねんりん家 バームクーヘン  バームクーヘン 中身
ねんりん家さんの「ストレートバーム ショコラ&ココア」(期間限定品)

私もバームクーヘンは好きですし、期間限定品につられて購入しました。

家に帰り、夕食後にコーヒーと一緒に頂くことに。
コーヒーの担当は私なので、豆を挽いてドリップします。
コーヒー道具

バームクーヘン&コーヒー
バームクーヘンは、常温のままと、電子レンジで温めての2パターンで
食べることにしました。(なんかゴチャゴチャした写真だなぁ)

う~ん。どちらも、しっとり感が無いですね。
私は、バームクーヘンは、しっとり感のあるタイプが好きです。
温めた方は、チョコホンデュの様な感じになります。
でも、私は常温の方がいいかな?。

今回は、期間限定品につられて、ショコラを購入しましたが、
次の機会には、プレーンなタイプを試してみたいですね。


末廣 純米吟醸原酒 ひやおろし

今日は、先日、福島県で購入したこれを開封しました。
末廣 ひやおろし 末廣 ひやおろし 裏書き

他の酒蔵の、”山廃ひやおろし”とどちらにしようか悩んで、
「原酒」の文字につられて、こちらにしました。
両方買えないところが悲しいところです(T_T)。

原酒としては、アルコール度数が低めです。
香りは・・・吟醸香は弱く、私としては程よい感じです。
それでは、口に含んでみます。
甘い感じで、原酒のわりにはガツンとした強さは感じません。
ひやおろしだからかもしれません。
日本酒度は+3と表記されているので、やや辛口の部類なのでしょうが、
私の実感としては、甘口です。
まあ、酸度なども関係してくるので、日本酒度は参考程度にしか
していませんが。

思いの外、私好みのお酒でした(^.^)。







ジンギスカップ

昨日、福島県で行われたジンギスカップです。

ジンギスカップ 集合写真

福島県内外から、福島復興を願って、多くのMTBer&応援者が参加しました。

詳細情報は、オフィシャルサイトをご覧ください(^_-)。

ジンギスカップ official site

私は・・・スポーツクラスBで出走し、目標としていた、
真ん中より上の順位に何とか入りました(^.^)/~~~。

ジンギスカンを食べながらの昼食、表彰式を終えて(はしょり過ぎか?)、
一番気合いを入れていたジャンケン大会でしたが、狙っていた地酒はおろか、
なにもgetできず・・・(-_-;)。
しかしこのジャンケン大会、商品も豪華でしたが、なんというか、
あたたかい、気配りのされたジャンケン大会で、ジンギスカップの
スタッフの方々の人柄の良さが感じられました。

最後に、スタッフの方々、猪苗代高校のボランティアの方々に
惜しみない拍手で閉会しました。

スタッフの方々、本当にありがとうございました。
ボランティアの高校生の方々は、翌日から中間テストという中、
ご苦労様でした。


なお、オフィシャルサイトにも書かれていますが、
今月中はコースオープンしているということですので、
今回参加されなかった方も、是非走ってみてください。
また、雑誌ファンライドの見開き2ページで今大会の
記事が掲載されるそうです。なお、立ち読み禁止とのことです(^_-)。


来年は、「KAZU男坂」という激坂?も追加する予定ということで、
私としては、いっそう苦手なコースになりそうですが、また是非、
参加したいと思います。



なお、ジャンケン大会でgetできなかった地酒は、
道の駅で購入しました。(復興支援のためです。)
末廣 ひやおろし



君の井酒造「越後の蔵秘伝」

今日(もう、昨日になってしまいましたが)は、
福島県で行われた、MTBのレースに参加してきました。
それについては、書く気力が無くなってしまったので、
また後日ということで・・・(-_-;)。

で、帰ってきて最後の気力を振り絞って(笑)、
昨日開封したこちらを、冷酒で飲んでみました。
君の井 蔵秘伝

吟醸なので、冷酒の方が良いかなと思いましたが、
冷や(常温)と印象はあまり変わりませんでした。
今日は、疲れているので、冷えていた方が
飲み易くて良かったですが。
やはり、もう少し山廃っぽいどっしり感が欲しいですね。
あと少し残っているので、吟醸ではありますが、ぬる燗に
してみようかな・・・。
でも、今日は止めて、また後日。

ポーポ

かみさんが、珍しい果実を買ってきました。

ポーポ
ポーポと言うらしいのですが、初めて聞きました。

見た目は今一つ(三つくらいか?)ですが、
気になったのが香りです。

・・・お酒の香りがします・・・
それも、大吟醸クラスの香りです。
よく、吟醸/大吟醸のお酒で、「フルーティーな吟醸香」
などという表現を使いますが、まさにその香りです。
酒飲みの心をわしづかみにする香りですね。

皮をむいて割ってみると
ポーポ 切り口
結構大きめの種が入っています。
あれっ?香りがちょっと変わりました。
少し青臭さがします・・・(-_-;)。

まぁ、食べてみましょう。
(-_-;) (-_-;) (-_-;)
う~ん、何というか、ボキャブラリが少なくて表現できない
のですが、私としては、不味い部類に入ります。
トロピカルフルーツ系の食感ですが・・・。

まぁ、かみさんは100円で買ってきたので、
香りが楽しめただけでも良しとしましょう。

日本酒の大吟醸が好きな方は、話のネタに如何でしょうか(^.^)。

佃の佃煮と酒

今日は、先日開封したひやおろしの残りを飲んでしまいます。
越乃梅里 ひやおろし

今日は、頂き物の佃煮があるので、これを肴にします。
佃の佃煮
金沢市にある佃食品の、小鯛昆布巻きです。
中身はこんな感じです。
ふくふく鯛

まずは酒を一口。
う~ん、やっぱり超甘口。
越淡麗100%なんてラベルが貼ってあると、
知らない人は、淡麗辛口なお酒?と勘違いしそうです。

で、佃煮を口に入れてみると・・・見事に合いません。
甘口の酒に甘い佃煮。お互いの味を邪魔し合ってます(T_T)。
こんな肴の時は、辛口のお酒がいいですね。

お酒も少ししか残っていなかったので、仕方なく
これを開封することにしました。
君の井 蔵秘伝

君の井酒造さんの「越後の蔵秘伝」です。
山廃仕込みの純米吟醸酒ですが、冷やしていなかったので、
今日は冷や(常温)でおちょこ一杯だけ飲んでみます。

・・・あまり山廃らしさがありません。先日、試飲したときには、
もう少し山廃らしいどっしり感があったように思ったのですが、
酔ってたのかな~。
もっとも、どっしり感を重視するなら、吟醸ではない、
普通の純米酒を選びますけど・・・。

今日はこれで止めて、明日は冷酒で飲んでみましょう。
プロフィール

酔いどれクロモラー

Author:酔いどれクロモラー
新潟県在住です。
もともと、キャンプでの遊び道具
として買ったMTBが一番の趣味
になっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR