走り納め

今日は大晦日。
いつものコースを走って、走り納めをすることにしました。

ここで新兵器の登場です。
20111231_フェイスマスク01 20111231_フェイスマスク02

フェイスマスクです。(^^ゞ

冷え症の私は、冬場は顔が冷たく、耳が千切れそうな痛みをこらえて
自転車に乗っていましたが、年を取るにつれて、これえきれなくなってきました。
そこで、ついにフェイスマスクを導入しました。
最初、自転車用ではない、安いもので代用しようと思いましたが、
顔/首/耳を覆えて、口が開くタイプ・・・というと、なかなかありません。
結局、パールイズミ製の物にしました。


乗り始めると・・・温かいです!
なんでもっと早く使わなかったか、悔やまれてなりません。
今日は天気も良くて、気温はそれ程高くありませんが、
日差しがあるため、体感温度が高いこともありますが、
それを差し引いても、効果は絶大です。
20111231_気温
青空が気持ちいいくらいに感じますね。

欠点と言えば、
・吐息で、口が当たる部分が濡れてくる。
・不審人物と思われる(笑)。

くらいでしょうか。でも、私は許容範囲できる範囲ですね。
これで新年も、寒空の中、走り回りたいと思います。





スポンサーサイト

加茂錦酒造 おりざけ

今日は、加茂錦酒造さんの、おりざけです。

20111230_加茂錦おりざけ_01   20111230_加茂錦おりざけ_02

最近は、何かと出費が多かったので、安価なお酒ないかな~と
やまやで物色していて見つけました。
一升瓶で¥980! もともと加茂錦酒造さんは安価なイメージがあるのですが、
これはまた格安!さすが、やまや!

価格で決めたのもあるのですが、おり酒は飲んだことが
無いので、買ってみました。


味のほうは・・・思ったより、さっぱりしてますね。
にごり酒ではないので当然なのかもしれませんが、
見た目がにごり酒っぽいので、もっと濃厚な味を期待していました。
単純に私の経験不足です。勉強になりました。

でも、特に不味いというわけではありません。
私にとっては、十分美味しいです。
さっぱりしているので、思いのほか酒が進んでしまうのが欠点(?)ですが。

とにかく、コストパフォーマンスは高くて、懐の寂しい私には
ありがたいお酒でした(^_^)。


フルマチ 酒サロン

今日(もう昨日になりましたが)は夕方から、「フルマチ 酒サロン」に行ってみました。
23日/24日の2日間、新潟市古町の北光社跡で行われました。
 
今日は、自治体優秀まちづくりグッズ賞を受賞した「小路めぐりマップ」の制作に関わった
市民団体代表の野内隆裕さんや篠田市長、フリーアナウンサー(元BSNアナウンサー)の伊勢みずほさん
らによる、小路めぐりについての座談会が行われました。
司会進行は、FMポートのラジオパーソナリティー、遠藤麻理さんが務めました。

20111224_酒サロン_01  20111224_酒サロン_02


会場には、古町周辺の今昔が分かる写真や、小路めぐりに関するパネルが展示され、
マップも頂くことができました。
20111224_酒サロン_04 20111224_酒サロン_03

私も以前は古町にはちょくちょく来ていましたが、バブルがはじけてからは、
すっかり足が遠のいてしまいました。
今住んでいるところは、古町に歩いて行ける範囲なので、
てくてく歩きながら、古町(古町に限りませんが)を今一度見直してみようと思います。

また、会場では協賛の朝日酒造さんの日本酒試飲も行われました。
「ゆく年くる年」と、「越州 雪げしき」の2種類でした。
ゆく年くる年は、五百万石で醸した吟醸の新酒で、非常にすっきりした味わいです。
越州 雪げしきは、にごり酒なのですが、今まで存在を知りませんでした。
私は、雪げしきの方が好きですね。
座談会を聞きながら、どちらも何杯もおかわりしちゃいました(^_^;)。




荒れる前に・・・

今週末の天気は、予報では大荒れ。
今日は本来仕事ですが、会社を休んだので、
天気が荒れる前にMTBに乗ることにしました。

いつもの松林に。
20111223_トレイル01  20111223_トレイル02
まだ雪が少し残っている部分がありますが、林の中は問題ありません。
既に風が強くなっていますが、松林の中は風も無く快適です。

林を抜けてR402に出てみると・・・強風(向かい風)&飛砂のため、
あえなく断念。Uターンして帰路につきます。

20111223_R402
R402には、新しく簡易的な飛砂防止柵が設置されましたが、
これの効果は如何ほどなものか・・・。
少しでも、路面に堆積する砂が少なくなってくれると良いですね。

若盛 門外不出 特別純米酒

今日は、先日の日光旅行の際に購入した、
西堀酒造さんの「若盛 門外不出 特別純米酒」を飲むことにしました。

20111218_門外不出01  20111218_門外不出02  20111218_門外不出03


これは、日光の市街の酒屋さんで購入したのですが、数ある中から選んだ理由は、
こんなタグが付いていたからです。
20111218_門外不出04
まんまと策略に、はまってしまいました(^_^;)。

コップに注いでみると、なかなかの山吹色をしているようなので、
改めておちょこに入れて確認します。
20111218_門外不出05
左が門外不出、右は水です。
写真では分かりにくいのですが、程よい色ですね。
古酒ではないので、活性炭を通していないのだと思われます。

早速飲んでみると・・・吟醸酒ではないのですが、少し吟醸香がありますね。
私は吟醸香があまり強すぎるのは好きではないのですが、程よい感じです。
味は、生もと/山廃のようなどっしり感はありませんが、やや濃厚な感じです。
酸味はあまり強く、淡麗辛口に慣れた方でも、飲みにくくはないと思います。

タグにつられて購入したのですが、私好みのお酒でした。
価格は一升瓶で¥2,548と、特別純米としては適正(?)価格と
思いますが、良い買い物だったと思います。


片山酒造 柏盛 

今日のお酒は、先日日光で購入した、
片山酒造さんの「柏盛 佳撰」です。

こちらの酒蔵さんのメインの商品は、原酒なのですが、
これは一番安い普通酒、昔で言う二級酒ですね。
(酒蔵さんのHPには掲載されていないみたいです。)
普段飲み用に購入しました。
酒蔵のおかみさんの話では、お米は五百万石を使っているそうです。
そのためか、佳撰としては、やや価格が高めかな?(¥1,800強)

20111211_柏盛

味はですね・・・・甘く感じます。淡麗甘口と言えるでしょうか。
とにかく飲みやすいです。
あまり良い表現ではありませんが、砂糖水みたいです。
一升瓶があっという間に無くなりそうです。

酒蔵さんでは上のクラスの上撰も試飲したのですが、
上撰の方はやや辛口になります。
でも、お奨めはやはり原酒ですかね。

プチトレイル

つかの間の晴れ間。
MTBで、いつもの松林に。

20111210_シューズカバー
足もとは、シューズカバーのフルタイプ。
すっかり冬支度です。

今日は、西側にある松林にも行ってみました。
こちらの方面は、散歩をする人もほとんどいなく、
夏場は蜘蛛の巣の餌食になるので、普段は入りません。
私も3年ぶり位でしょうか。
20111210_トレイル
倒木もそのままになっていますね。

20111210_ヤツデ
そして、こちらの松林には、なぜかヤツデが沢山生えています。

20111210_お地蔵さま
少し入ると、お地蔵さまがあるのですが、なぜこんな所に?と、いつも思っていました。
せっかくですので、お参りしていきます。

しかし、寒さが身に沁みます。
今日はこの辺で帰ることにしました。(^_^;)

日光旅行 2日目

2日目。

朝起きると、天気は昨日とはがらりと変わって晴天(^_^)。
初日は既に暗くて見えなかった周りの景色を観ることができました。
20111204_鬼怒川温泉

とりあえず、朝食前に朝風呂へ。
朝食はバイキング。夜より朝にカロリーを接種する(酒は除いて)私には、
バイキングは宿を選ぶときの重要なポイントです。

本当なら、せっかくの温泉宿ですから、まったりとしたいところですが、
そそくさと出発。

20111204_片山酒造
前日にお酒を購入した片山酒造さんの前を通って、
日光杉並木の中を進みます。
20111204_日光杉並木

そして、メインの東照宮到着。
20111204_東照宮01  20111204_東照宮02  20111204_東照宮07
有名な像さんやお猿さん達を通り過ぎて、陽明門です!
20111204_東照宮04
すごいですね!これでもか!!というくらいの彫り物の数々。
狩野派の彫り師の仕事とのことですが、中の襖絵にも、狩野探幽の絵が!
細かいところまで観ようとすると、時間がいくらあっても足りません。

そうそう、こちらの猫さんも有名ですね。
20111204_東照宮07
私は、この猫さんの小ささにびっくりしました。
札幌の時計台の次くらいのびっくり度です。

そして奉納された酒樽の数々。
20111204_東照宮05  20111204_東照宮06
お!新潟の酒蔵さんもありますね。吉野川さんと今代司酒造さんです。
吉野川さんは大手ですから分かりますが、今代司酒造さんも頑張ってますね。
全量純米酒のこだわっりを持っていて、酒蔵見学に行った際にも、杜氏さんから
いろいろ話を聞かせて頂きました。
話がそれました。

東照宮を満喫した後は、昼食に。
前日に引き続き、日光金谷ホテルで昼食にします。
愛車のフェラーリも輝いています。
20111204_日光金谷ホテル01
ちなみに、このフェラーリは、私の愛車ではなく、知らない人の愛車です(^_^;)。

この日は、前日よりランクを上げて、メインダイニングルームで、
やはり有名な、「大正コロッケット ランチ」を頂きました。
お値段は、庶民にはちょっとお高く¥3,500。
その分、宿代ケチっているので、良しとします(^_^;)。
20111204_日光金谷ホテル02  20111204_日光金谷ホテル03  20111204_日光金谷ホテル04  20111204_日光金谷ホテル05
う~ん。素晴らしく上品なコロッケです。
ものすごく柔らかく、綺麗に切ることができません。
クリーミーな食感で、こんなコロッケは食べたことがありません。
でも、庶民には、そんなにちょくちょく食べれません。
ちなみに、食器は同じくノリタケが使われていました。

昼食後は、二荒山神社へ。
20111204_二荒山神社01  20111204_二荒山神社02  20111204_二荒山神社03
こちらにもお酒が奉納されています。その理由は、この近くに名水があり、その水で仕込んだお酒が
奉納されているらしいです。
その名水を引きこんだ泉がありました。「酒の泉」なんて掲げてあると、飲まない訳にはいきません。
その場で水を頂いてみると、確かにすっきりとした軟水ですね。

次に大猷院を拝観しました。
20111204_大猷院01  20111204_大猷院02
これで日光の世界遺産巡りは終了です。


この後、日光市街を散策。
日本酒(特別純米酒)を1升瓶で購入(^_^)。
詳細は、また後日。

天気予報では、気温が低かったのですが、日差しがあり、
体感温度も高く、絶好の観光日和でした。
ローディの方々がツーリングしていて、うらやましかった・・・。


帰路の途中で、せっかくなので、宇都宮で餃子を食べて行くことに。
20111204_宇都宮餃子01  20111204_宇都宮餃子02

天気も良く、充実した日光旅行でした(^_^)。







日光旅行 1日目

先週末の土日、日光へ観光に行ってきました。
高速道路が一部無料化になったこともあり、以前から
見てみたかった東照宮に行くのがメインです(一応)。
初日は雨の中、車を走らせました。

道中のサービスエリアで、栃木県と言えば「牛乳レモン」だろう!
ということで飲んでみました。
20111203_牛乳レモン
さっぱりとした味わいですね。人気があるのもうなずけます。

とりあえず東照宮は通り過ぎて、せっかくですので「華厳の滝」に向かいました。
20111203_華厳の滝1  20111203_華厳の滝2
ガスがかかっていて、一寸残念でした。
帰りのいろは坂も、ゆっくり下りました。

そして、日光の街中で昼食です。
昼食は、日光の中でも伝統のある、日光金谷ホテルで頂くことにします。
さすが日光です。建物の中にまで、透かし彫りがありました。
20111203_日光金谷ホテル  20111203_日光金谷ホテル2

初日は、コーヒーラウンジで、名物の100年カレーを頂くことに。
カレーは、ビーフ/チキン/鴨の3種類があるのですが、
ここは定番のビーフをチョイスしました。(本当は、鴨も食べてみたかったのですが・・・)
20111203_100年カレー1  20111203_100年カレー2
味は・・・まろやかですね。上品な感じ(?)がします。
食器類は、年季が入ってます。
銀食器は別ですが、ほぼノリタケが使われていました。
価格もそこそこ高いのですが、満足な内容でした。

その後、東照宮に隣接の日光山輪王寺に行きました。
20111203_日光山輪王寺
現在は、修復工事が行われていて、ご本尊が良く見えませんでした。残念。

初日の観光はここまでにして、後は明日にします。
宿泊先は、少し離れた鬼怒川温泉のホテルです。
車を一路、鬼怒川温泉へ・・・と、途中で酒蔵さんを発見!
片山酒造さんです。まだ照明が点いています。
車をUターンし、とりあえず入ってみました(^_^;)。
20111203_片山酒造01  20111203_片山酒造02
品の良いおかみさんが対応してくれました。
新潟から来た事を話すと、こちらの酒蔵さんの初代は、新潟県柏崎の出身で、
越後杜氏であったとのことです。(ちなみに、息子さんで6代目だそうです。)
こちらの「柏盛」という銘柄の”柏”は、柏崎から取っているとのことです。
そんな話をしながら、試飲をさせていただきました。
テーブルの上に並んでいる物を試飲し、この中から2本購入しました。
詳細は、また後日。

車の運転を交代し、再び宿へ向かいます。
今日の宿泊先は「ものぐさの宿 花千郷」。
私にぴったりのネーミングです(^_^;)。
こちらをチョイスしたのは、宿泊費が安かったからです。
ネット予約限定の現金払いのコースですが、今回は昼食に重きを置いたので、
宿泊費は易くあげることにしたのでした。

到着後、すぐに温泉へ。
無味(?)無臭の温泉です。
私は温泉の知識が無いので、良いお湯かどうかは分かりません(^_^;)。
そそくさとあがり、部屋に戻って、とりあえずビールです。
20111203_ビール
このあと、エビスも頂きました(^_^)。

そして夕食です。
20111203_夕食
この写真に追加で、煮物とご飯,味噌汁が付きましたが、年よりには、
必要にして十分な量です。

食後、部屋に戻ってから、飲みなおします。
というか、食事の時は、ビール1本だけにしておきました。
こういった宿では、美味しいお酒は置いていない場合が多いので、持参したお酒です。
20111203_日本酒
旅行の時には、この缶に入った生原酒たちが手放せませんねぇ(^_^)。

ということで、片山酒造さんの試飲も含めて、お酒三昧でした。








プロフィール

酔いどれクロモラー

Author:酔いどれクロモラー
新潟県在住です。
もともと、キャンプでの遊び道具
として買ったMTBが一番の趣味
になっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR