串吉

昨夜は、以前からかみさんが行ってみたいと言っていた、
新潟駅前にある、焼き鳥屋の「串吉」に行きました。
20120728_串吉01

私自身は十数年前、まだ店舗を建て直す前に一度行ったきりで、
ものすごく久しぶりです。
お店に入ると、カウンターに通されました。
まだお客は少ないのですが、座敷席は、予約席と、多人数用に空けてあるようです。

お品書き。
20120728_串吉02
焼き鳥だけで勝負!といった内容です。自信があるからできるんでしょうね。
ちなみに、今日は「ハツ」と「タン」が食材無しということで残念。


まずは、ビールと枝豆で焼き鳥が焼き上がるのを待ちます。
20120728_串吉03

その間に店内は、満席になりました。
さすが、人気の焼き鳥屋です。

そうこうしているうちに、まず第一陣。
「かしら」と「かも」。
20120728_串吉04
ちょっと時間がかかったので、かしらが1本おまけ。
うんうん、薄い塩味で、素材の良さが分かり易いです。

次は「ナンコツ」。
20120728_串吉05
立派なナンコツですね。噛むのが疲れるくらいです(笑)。

最後に「純皮」。
お店のお姉さんが、ナンコツの上に豪快に置いて行きました(笑)。でもまた1本おまけ!
20120728_串吉06


満席で断られるお客もいたので、今日はハシゴすることにして、
ここでお店を出ることにしました。


次に行ったのは、「鶴八」。最後に行ったのは2年程前の「新潟酒の陣」の後、
飲み足りなくて行きました。
お店、まだ存在してるかな~と思いながらお店の前に行くと、灯が。良かった!
20120728_鶴八01
お店に入ると懐かしい、おかみさんの顔が迎えてくれました・・・・・が、
今日は貸し切りということで、断られてしまいましたorz。


その後、フラフラと新しいお店なんかを覗いてみたものの、
いまいちピンとこなく、結局自宅に戻って飲み直しましたとさ(笑)。





スポンサーサイト

弥彦山 表参道

今日から、オリンピック! ならば、山登り(笑)!
と言うことで、かみさんと弥彦山に登ることにしました。
そう言えば、今シーズン、表参道を登るのは初めてです。

みんな、オリンピックの開会式を観てるから、登山客は少ないかな?
と思ったら、そんなことはありません。駐車場はいつも通り車がいっぱい。

そそくさと準備し、7:50登山開始。既に暑いです。
20120728_弥彦01

しばらくは杉林。風が無く、汗が噴き出ます。
20120728_弥彦02
杉林は、いかにもパワースポットであることを感じさせます。

尾根に出ると、杉から広葉樹に変わります。
私は、広葉樹の方が好きですね。尾根は風も吹いて心地よいです。
20120728_弥彦03


5合目にある鳥居です。
今日は、メインの登山道ではなく、ここから分岐してる登山道を
登ることにします。私はこの登山道は初めてです。
いつも、通行禁止になっていたので、登ることができませんでした。
20120728_弥彦04

こちらは急登ですね。滑りやすいので、下りは危険です。
登りだけにしましょう。
20120728_弥彦05


なんとか急登を抜けると、メインの登山道と合流します。
20120728_弥彦06


周りを見渡すと・・・
20120728_弥彦07  20120728_弥彦11  20120728_弥彦08  20120728_弥彦09
  クルマユリ        トラノオ          オニヤンマ      バッタの抜け殻 


ようやく9合目。ここまでくればあと少し。
この辺りでは、まだアジサイが綺麗に咲いてます。
20120728_弥彦10  20120728_弥彦12


頂上付近の各社電波塔では、何やら撤去作業が行われていました。
アナログ放送関係の設備でしょうか?
搬送用に、モノレール?が設置されていました。乗ってみたい(笑)。
20120728_弥彦13  20120728_弥彦14  20120728_弥彦15

9:05 山頂到着。お参りしましょう。
20120728_弥彦16

9:10 下山開始。

ちょっと道草。
ロープーウェイのある方の売店/レストランに寄り道。
何年も行ってなかったので、様子を見に。
20120728_弥彦17
ロードの方は、ここまで登ってくるんですね・・・。
私は根性なしなので遠慮しておきます(笑)。

おっと、あまり道草してると、ますます暑くなってしまいますね。
下山しましょう。

ペースよく下山してきましたが、2号目と1合目の間にある分岐点で、
脇道に入ります。この道も、私は初めてです。
20120728_弥彦18

こちらの道は、途中で沢があったりして、変化がありますが、
ちょっと長いですね。だらだら下る感じです。
20120728_弥彦19


10:10下山。道草して時間がかかりましたね。


その後、まっすぐ家に・・・・は帰らず、寄り道。
ジェラテリア・レガーロさんで、休憩。
20120728_弥彦20  20120728_弥彦21
本日のチョイスは、左:ウメミルク 右:モンブラン

モンブラン、美味しい~。でも、今日みたいに汗をかいたときは、
ウメミルクの酸味もいいですね。


そして、カロリー摂取したので、ここから私は自転車にスイッチ。
20120728_弥彦22
暑い~。車で帰ろうかな(笑)。


ボーっとしながら、なんとか帰宅。
これから昼食ですが、我慢できずに食べちゃいました。
20120728_弥彦23

もっと食べたい!

越の鶴 純米酒

今日も暑かったので、とりあえずビールもどき。
20120727_麦とホップ黒
我が家の定番となりつつあります。


そして、本日のメインは、
越銘醸の「越の鶴 純米酒」。
20120727_越の鶴純米01  20120727_越の鶴純米02
これは、先日、義父母と油揚げを買いに行った時に、
義父が知り合いの酒屋さんで買ってくれたお酒です。

吟醸酒と謳っていませんが、精米歩合は60%です。
とは言っても純米酒だからか、華やかな吟醸香はしません。
口に含んでみると、ふくよかな旨みが感じられます。
う~ん、やはり越銘醸のお酒は、きちんとした旨みがあって、おいしいです。

食中酒には向かないかもしれませんが、私はこんなお酒が好みですね。
お義父さんに感謝です!

越後鶴亀 山廃 純米原酒中汲み

今日紹介するお酒は、先週末に飲んだ物です。

越後鶴亀「山廃 純米原酒中汲み」です。
20120725_越後鶴亀山廃01  20120725_越後鶴亀山廃02

これを購入したのは、新潟ではメジャーな大手スーパーの新店舗。
たまたま通りかかったので、食料品購入の目的で入って見つけました。

もともと、越後鶴亀の山廃を飲んでみたかったのですが、
近くの酒屋さんでは一升瓶しか置いていなく、ちょっとためらっていました。
新潟酒の陣でも、置かれていなかったんですよね~。

ただし、この4合瓶はレギュラー製品と違い、原酒中汲みです。
「限定24本」というのは本当なんですかねw。
20120725_越後鶴亀山廃03  20120725_越後鶴亀山廃04

味は、良い意味で、山廃っぽくないですね。
酸味は強くなく、山廃独特のどっしり感はそれほど感じません。
ただし、一般的な淡麗辛口とは違い、きちんとした旨みがあります。
このお酒は、レギュラー製品の山廃と同じ仕込みなのか、よく分かりません。
使用している米も不明で、価格もレギュラーよりちょっと安めです。
やっぱり、レギュラーの山廃も飲んでみないとダメか・・・。

あと、気になったのが瓶です。
コルク栓を金具でロックする、あまり見られないタイプなのですが、
開封確認ができません。
安全上、開封確認ができるようにして欲しいですね。




チーズガーデン チーズクッキー

今日のおやつは、那須高原 チーズガーデンのチーズクッキーです。
20120722_チーズクッキー01

これは、かみさんが友人から頂いてきました。

それでは、コーヒー(ホット)を淹れて頂きます。

サクサクとした、軽やかな食感ですね。
ちょっとびっくりしたのは、チーズもさることながら、
ブラックペッパーがかなり効いています。
大人向けの感じです。
ホットコーヒーだと、ペッパーの辛みが強調されますね。
このクッキーは、ホットコーヒーよりも、
こちらがマッチするのではないかと思ったのがこちら。

20120722_チーズクッキー02
時間をおいて、赤ワインに合わせました。

こちらのほうが、合いますね。
と言うことで、美味しく頂きました(^_^)。



角田山 ほたるの里コース

今日は、先週に引き続き、かみさんと角田山に登山に行きました。

今日は、ほたるの里コースをチョイス。
20120722_角田山01
このコースは、角田山の公な登山コースの中では、
長丁場(と言うほどでもないですが)なコースです。


登山口に、夏を感じさせる物が。
20120722_角田山02


少し上がると、お寺があります。
20120722_角田山03
時間が早かったので、扉が開いていませんが、中には十一面観音が祀られています。
観音様は拝めませんが、一応、お参りしていきます。


20120722_角田山04
ここが、実質的なスタート地点かな?


キノコが生えていたり、花が咲いていました
20120722_角田山05  20120722_角田山06  2020722_角田山07
  毒々しいキノコ      クルマユリ        ヤマユリ
 

下の杉林を抜けると東屋があります。
支柱は立派ですが、屋根は? 吹き飛んだのかな?
20120722_角田山08


20120722_角田山09  20120722_角田山10
この地点で、いったん下ります。


再び登り、少し行くと開けた場所があります。
20120722_角田山11


そして、五りん石コースとの合流地点。
20120722_角田山12  20120722_角田山13
ここから頂上付近まで、急登となります。

道が右と左に分かれています。
20120722_角田山14
右のほうが道が整えられています。左は、滑りやすいので注意。
私は左、かみさんは右をチョイス。
20120722_角田山15


急登を終え、頂上に到着。1h15min.
20120722_角田山16


ちょっと休んで、すぐさま下山。
20120722_角田山17
急登だった個所は滑るので要注意。


下りのタイムは、1h。
下りは、心地よい風が吹いて気持ちよかったです。


そして、いつも通り私だけ自転車で帰路につきます。
20120722_角田山18


やっぱり自転車だとアスファルトの照り返しもあって、暑かったです。

今日も新津丘陵

朝起きたら、天気も悪くなさそうなので、新津丘陵に向かいました。

R403は向かい風。でも、真正面からではないので、まだ良しとしましょう。
帰りは追い風になるし(^_^)。
20120721_新津丘陵01


そう言えば、ひろぼうさんのブログで、電波塔コースの出入り口の雑草がひどくなってきている・・・・
とあったので、確認に行ってみることに。
20120721_新津丘陵02
いつもウェットなこの道も、完全ドライです。

入り口はまあ、どうってことないですね。まだ大丈夫です。
ヤマユリがウェルカムしてくれました。
20120721_新津丘陵03

途中、倒木があったのを脇に寄せたりしながら、出口に到着。
確かに藪がすごい。でも、勢いで行っちゃいましょう!


・・・・・見事に転倒しました・・・・・
草の蔓が、自転車に絡みついてしまいました。
20120721_新津丘陵04
まあ、常識のある人なら、こんな状態で自転車漕がないですよね・・・・・。

しばらくは、このコースは、私もお休みにします。


気を取り直して、見頃を過ぎたと思われるアジサイを見に行きます。
20120721_新津丘陵05
花は変色し始めています。

男坂を登り、小休止。
20120721_新津丘陵06
景色を見ながら、おやつのどら焼きを食べました。

20120721_新津丘陵07
山頂付近のアジサイ園は、日の当たる場所の花は茶色に変色。
日陰の場所は、まだ見れますね。

帰る前に、SPさんから教えてもらったコースを1本だけ行くことに。
えっちらおっちら登っていくと・・・・・巨大なキノコが!
20120721_新津丘陵08
この前来た時には、何もなかったのに。
このぶんだと、秋には1mくらいに成長しそうです(笑)。
しかし、楽しいコースにはキノコが生えるんですかね。


家の用事もあるので、今日はこれで帰ることに。
送り風に乗って、快適に・・・・・あれっ?
若干ですが、向かい風になってる(T_T)。
まあ、そんなに強い風ではないから我慢して漕ぎますが、ペダルが重いです。
なんか自転車も不安定だし、熱中症か?と思っていたら・・・・・


リアタイヤのパンクでした(T_T)。ツイてない。
割れた瓶の欠片がタイヤに刺さっていました。
20120721_新津丘陵09
今日は、チューブドだったので、さっさとチューブ交換します。
チューブはもう1本あるので、あと1回大丈夫(笑)。
あと、保険の意味で、パッチも常備してますが。


そう言えば、昔、SGMさんのツーリングで、1日に2回パンクした、
”伝説の男”いましたねぇ。
チューブ交換しながら、懐かしく思い出しました(笑)。






越の鶴 本正 純米吟醸濾過前原酒 その後

少し前に取り上げた「越の鶴 本正 純米吟醸濾過前原酒」
ですが、開封後の風味の変化について。

甘口のお酒ですが、開封後4日位で辛口になるということで、
どう変わっていくのかと思っていました。

結果としては、開封後9日目で辛口気味になりました。
私が購入したのが、1年寝かせていた物だったため、通常より遅くなったのでしょうか?
それとも、もともと開封前から、風味に変化があったのが、更に変化したのか?
う~ん、やはり、ノーマルな物を呑んでみないと分かりませんね。

まずはノーマル。反省点です。

愛知県 出張2日目

今日は、愛知県で打ち合わせ。

朝から、日差しが暑い・・・・というよりは、痛いほどです。


20120719_愛知01
これは、安城駅にあった天体儀のモニュメント。
からくりモニュメントになっていて、昼間、2時間おきに、中から双子座の少年と、
琴座の琴が出てきて、琴を奏でるそうです。
時間も無いし、外に出ていると死にそうなので、からくりは観れませんでした。


帰りは、飛行機の時間に間に合わないので、新幹線で帰ってきましたが、
東海道-上越新幹線の乗り継ぎ時間が2分しかない(普通の人は、次の新幹線に乗りますが)
のですが、階段ダッシュで駆け上がって、ギリギリセーフ。
3分あれば、余裕なんですけどね。なんとかならないもんですかね・・・・・。

愛知県 出張

今日は、明日、愛知の客先を2件訪問するため、夕方から移動しました。

時間の都合で、行きは飛行機、帰りは新幹線にしようと思います。
新潟-中部国際空港のANA便です。
20120718_愛知01
歩きながら撮ったら、見事にブレてました。
ボンバルディアのDHC-8-Q400です。
国内では、時々事故の報道があるプロペラ機です。
この機種に乗るときは、少なからずも、ドキドキしながら乗っています。

離陸してしばらくすると、左前方に、雷雲がピカピカ光って、いっそう不安をあおります。
でも、プラペラ機は、飛行高度が低く、景色がよく見えるので、結構好きだったりします。


で、今日も無事に到着。
20120718_愛知02
あまり知られていませんが、常滑市は、まねきねこの生産数日本一です(笑)。


今日の宿泊先は、東横イン 中部国際空港。
今日は現金特価の部屋があって、一泊¥4,480なり。朝食は無料なので、コスパは高し。
通常だと、+1,000ですね(カード払いOKで)。

ここは、他の東横インよりも、部屋/ベッド/バスタブが広いので、好きです。
20120718_愛知03  20120718_愛知04

そして、今日の飲み物はこちら。(当然、第3のビールです)
20120718_愛知05
アサヒ ジャパンゴールド と、サッポロ 北海道プレミアム。

アサヒ、サッポロの順で飲んだのですが、順番を間違えたかなと思います。
アサヒはハッキリとした味で、サッポロはマイルドな感じです。
たぶん、サッポロを先に飲むと、もっと旨みを感じられたのではないかと思います。

遊びに来た訳ではないので、今日は、この2本だけにしておきます。


角田山 稲島コース

今日は、「海の日」ということで、かみさんと山登りに行くことにしました(笑)。

今日は、稲島コースをチョイスしました。
20120716_角田02

稲島の登山口には、出羽三山の石碑があります。
20120716_角田01
なぜここに、こんな石碑があるのか、よく分かりません。
出羽三山に何か縁があるのでしょうか。


時間はすでに8:30近くになっています。だんだん暑くなってきたので、早速登ります。
20120716_角田03

登り口のすぐ上にある祠でお参り。
20120716_角田04

今日は、昨日の雨でウェットコンディション。滑りますね。
20120716_角田05

少し登ると、脇にそれて降りる道があります。
20120716_角田06

今まで、素通りしていたのですが、降りると、小さな祠があります。
20120716_角田07

不動明王が鎮座していました。お参りしていきます。
20120716_角田08

ここから先は、更に道がガレています。年々ひどくなっているように思います。
20120716_角田09

お地蔵様も、暑い中大変そうです。
20120716_角田10

大量の汗を流しながら、ハイピッチで登っていきます。
途中の見晴らしの良いところで、休憩。
20120716_角田11

この辺りから、道が整備されてきれいになっています。
20120716_角田12

頂上手前の見晴らしスポット。今日は暑いので、人が居ませんね。
20120716_角田13
ここから山頂までは、すごく緩やかな登りになります。
この区間で咲いていた花。
オカトラノオ         アジサイはピンボケ
20120716_角田14  20120716_角田15

そして山頂。いつも通り観音様にお参り。
20120716_角田16


山頂で、エネルギー補給を兼ねて休憩しますが、
更に暑くなってくる前に、下山します。

登山口近くまで降りてきたところで、地面に小さな白い物が散らばっています。
何だろうと思って、よく見ると・・・・・・動いています。
20120716_角田17
こんな虫?見た事ありません。
体長は2~3mmくらいでしょうか。しかし、真っ白ですな~。
いたい、なんて虫でしょうか。
触ってみたかったのですが、ツツガムシみたいに、
病気になると悪いので、やめておきました。


スリッピーな下りにコケルことなく、無事下山。
で、いつも通り、私だけ自転車で帰宅します。
20120716_角田18

R402を通って帰りましたが、多くのローディの方とすれ違いました。
この暑い中、自転車に乗ってるなんて、みなさんドMなんでしょうか(笑)。


そう言えば、今日は「海の日」でした。海の写真も載せておきましょう。
爆弾低気圧で傾いてしまった灯台は、修理のため、撤去されたままですね。
20120716_角田19  20120716_角田20  20120716_角田21


しかし、暑かった~。やっぱりもっと早朝から行動開始しないとダメですね。

栃尾の豆腐と油揚げ

今日(7/14)は、かみさん、義父母と一緒に、長岡市(旧 栃尾市)に、
豆腐と油揚げを買いに行くことにしました。

まずは、かみさんの実家の三条市で義父母をピックアップします。
義父は、旧栃尾市の出身なので、義父のナビゲートで栃尾に向かいます。
行くお店も、お勧めのお店しか行きません。


で、栃尾に到着。
まずは、TVで取り上げられたこちらのお店、佐野豆腐店。
20120714_栃尾01
ところが・・・・今日は、予約販売だけとのことです。
これがTV効果でしょうか。残念。


気を取り直して、とりあえず昼食を取ることにします。
イタリア食堂「amico」。
20120714_栃尾02  20120714_栃尾06

こちらもTVで何度も取り上げられたお店です。
店内は満席。やはり人気があるようです。
20120714_栃尾03  20120714_栃尾04  20120714_栃尾05

20分ほど待って、席に着くことができました。

私が注文したのは、まずは「とろーりチーズのとちお米のライスコロッケ」 ¥630。
20120714_栃尾07

現物はこちら。
20120714_栃尾08
本当は3つなのですが、写真を撮る前に、かみさんに強奪されました(笑)。

断面はこんな感じで、モッツアレラチーズが糸を引きます。
20120714_栃尾09

私とかみさんのメインのパスタはこちら。
「フレッシュトマトとモッツアレラチーズのトマトソース」
「・・・・・・・名前忘れた(笑)・・・・・・・・・」
20120714_栃尾10  20120714_栃尾11
私は、パスタはあまり食べないので、かみさんの感想。
ボリュームは多いが、味は薄め。
濃いめの味が好きな方のは、ちょっと物足りないかも。
但し、他にもおいしそうな逸品が数多くあります。
今日はピザは食べませんでしたが、ピザも食べてみたいですね。
(私はとしては、ピザはビールとセットなので、今日は断念。)


美味しいパスタを頂いて、お店を出ると、義父が「隣に越銘醸があるよ」と。
越銘醸は私がお気に入りの蔵元の一つです。行かねば。
20120714_栃尾14  20120714_栃尾12  20120714_栃尾13
こちらの蔵元は、元々見学は受け付けていませんし、
今日は会社としてはお休みということで、建物の中にいた方とちょっと話をしただけでした。


そして、本来の目的に戻ります。
まずは、「星長」さん。
20120714_栃尾15  20120714_栃尾16
こちらのおぼろ豆腐が好きです。
ノーマルのタイプは、新潟市のとあるところでも購入できるので、
今日は、「特選おぼろ」を購入しました。


次は、「常太豆腐店」さん。
こちらでは、油揚げを購入。普段はすぐに売り切れとのことですが、今日はまだありました。
20120714_栃尾17


そして、最後にこちら、
「豆撰」さん。油揚げの一押しのお店です。
20120714_栃尾18  20120714_栃尾19
今日は、義母は、いつも1枚¥180の油揚げを購入するとのことでしたが、
1枚¥200の特別仕様?があったので、こちらを購入してみました。

そうこうしていると、「ざる豆腐」と、「おからサラダ」の試食が出てきました。
20120714_栃尾20
う~ん。これも美味しいですね。


以上で、本日の目的は達成。
本当は、「杜々の森」というところで、清水を汲んでいく予定でしたが、
前日の雨で水が濁っていると思われるので、断念しました。


かみさんの実家に戻り、かみさんは今日は宿泊。
私は自宅に帰ることに。帰りは当然(?)自転車です。
昨日は飲み会で、飲み放題/食べ放題で暴飲暴食、
昼のパスタも高カロリーだったので、少しでも消費しておきましょう。

あ~、でも豆腐と油揚げは明日までお預けに・・・・。

和菓子大吾 爾比久良

今日は、夕食後におやつ?を。

東京の和菓子大吾 「爾比久良」です。
20120712_爾比久良01
今日、かみさんが頂いてきたものですが、あまり日持ちがしないので、
早速一つだけ、頂くことにしました。

今日はこちらの黄身羽二重時雨餡の方です。抹茶と一緒に頂きます。
抹茶はいっぱい飲みたかったので、多めに入れてもらいました(笑)。
20120712_爾比久良02

いや~、さすが高級な和菓子ですね。
口の中でさらりと溶けてしまいます。
食べているときは、甘みはそれほど強くないように思ったのですが、
食べ終わった後も、甘さが口の中に残ります。
真中に、私が好きな栗が(しかもデカイ)鎮座しているのも、ポイントが高いです。


もう一つの黒糖も楽しみです。

越の鶴 本正 純米吟醸濾過前原酒

今日は、久しぶりにお酒ネタです。

先週末、長岡に行った帰りに、新潟市西蒲原区にある
酒屋さん「おはぎや商店」に寄りました。
こちらのお店は、家族経営のそれ程大きなお店ではなく、
店頭に置いてあるお酒もそれ程多くはないのですが、気になるお酒ばかり。

お店の方(若旦那)のお話を聞きながら、そして、かみさんの顔色を
窺いながら(これ重要です)選んだのはこちら。
20120710_越の鶴_本正01
「越の鶴 本正 純米吟醸濾過前原酒」
瓶のラベルにもあるように、中取りの生酒です。
価格は¥3,250で、我が家としては頑張りました(笑)。

これは22BYを、お店で寝かせてあった物です。
店頭には無いのですが、倉庫の中には23BYもあるそうで、
どちらが良いか聞かれたのですが、最近は寝かせてあるお酒に興味があるので、
店頭に置いてあった22BYにしました。
生酒は、寝かすと味が良くない方向に変わってしまうかな・・・・とも思ったのですが、
新聞紙で包まれ、大事そうに保管されていたし、まっいいか。
20120710_越の鶴_本正02  20120710_越の鶴_本正03
新潟のお酒には珍しい、日本酒度がマイナス。
最近では、淡麗辛口ではない日本酒が好きな私としては、
寝かせてあることも相まって、期待度大です。


購入した夜、早速飲んでみなした。
香りは・・・吟醸香はするのですが、一般的なフルーティさとは違う感じです。
酵母は9号系なのでしょうか?
口に含むと、甘さ/旨みが口の中に広がります。
22BYなためか、余韻が残り、キレはよくありません。
料理には合わせにくいかもしれませんが、私は気に入りました(^_^)。
23BYだと、もっと軽やかな感じなのでしょうか。う~ん、23BYも飲んでみたいところです。

お店の方は、「開封して4日くらいすると、辛口になるよ」と言っていたので、
甘口を求めている私としては、一気に飲んでしまいたいところでしたが、
かみさんの目もあり22BYであることもあり、そんなに変わらないことを期待し、
また今週末に飲んでみることにします。




新津丘陵/福井の蛍

昨日は、かみさんと紫陽花を観に、護摩堂山に行ってきました。
20120708_護摩堂山01
登山口の駐車場は既に満車なので、湯っ多里館の駐車場から出発。

登山口の駐車場では、流しそうめんのイベントをやっていました。
20120708_護摩堂山02
以前は、山頂付近でやっていたのですが、やっぱり大変だったんでしょうね。

早速登り始めます。
20120708_護摩堂山03

いつもMTBで登るので、歩いて登るのは久しぶりです。
20120708_護摩堂山04

比較的最近に植えられた、ヒメサユリが咲いています。
20120708_護摩堂山06  20120708_護摩堂山05
MTBではゆっくり観れませんが、徒歩なら大丈夫ですね。

こんな案内板も、昔はありませんでしたねぇ。
20120708_護摩堂山07  20120708_護摩堂山08  20120708_護摩堂山09
これまた、MTBでは素通りして、今までじっくり読んだことがありませんでした。


走行しているうちに、目的の「あじさい園」に到着。
20120708_護摩堂山10  20120708_護摩堂山11  220120708_護摩堂山12
20120708_護摩堂山13  20120708_護摩堂山14  20120708_護摩堂山15
ちょうど見ごろでしょうか。綺麗に咲いていました。

天気があまり良くなかったので、山頂からの景色はいまひとつ。
20120708_護摩堂山16
ここでおにぎりを食べて、再び紫陽花を観てから、下山しました。


登山としては物足りないので、菩提寺山も登ることにします。
大沢公園まで車で移動して早速登ります。
20120708_菩提寺山01

何気に急登。
20120708_菩提寺山02
でも、すぐに終わります。

途中には、立派な東屋があります。
20120708_菩提寺山03  20120708_菩提寺山04
ここを過ぎると、割と平坦になります。

で、30分程度で頂上に到着。
20120708_菩提寺山05  20120708_菩提寺山06
これまた、ちょっと休憩してすぐ下山。
なぜかと言えば、私は自転車で自宅に帰るためです。



・・・・・・・・・・・・・・・・の予定でしたが、下山したら、なんか脚に疲労感が
あったので、無理せず車で帰りました(笑)。

帰ってきておやつは「ガリガリ君」。
こんな時はガリガリ君に限りますね。
20120708_ガリガリ君01

!?。
当たり!
アイスで当たりが出たのは、30年ぶりくらいでしょうか(笑)。
20120708_ガリガリ君02


それから、早めの夕飯を食べて、今度は角田山麓の。福井地区に蛍を見に行きました。
20120708_福井01

まだ少し明るいです。
20120708_福井02

しょうがないので、その辺をぷらぷらしていると、クワガタがいそうな木が。
田舎者は、こういった木に敏感です(笑)。
小学生の頃を思い出しながら木をよく見ると・・・
20120708_福井03  20120708_福井04
いました。コクワガタですね。
低い位置で、コクワガタが5~6匹は簡単に見つかりました。
当然、捕って持ち帰るようなことはしません。
もう少しよく探そうと思ったら、体長5cm程のスズメバチが鎮座していたので、断念。
ノコギリクワガタくらいは、いそうな感じだったのに~(笑)。

そうこうしているうちに、辺りは暗くなり、蛍が舞い始めました。
時間が早かったのと、時期が少し遅かったためか、昨年よりは
蛍の数が少ないですね。
残念ながら、コンパクトデジカメ&私の腕では、蛍の光の軌跡を
収めることはできませんが、目にしっかり焼きつけておくことにします。


充実した一日でしたが、帰宅後は、お酒を飲んだらウトウト・・・・。
疲れた一日でもありました。

故宮博物院展 / 長岡

今日は、天気も良くないようなので、自転車に乗るのは断念し、
かみさんと新潟県立近代美術館で催されている、
「北京・故宮博物院展」を観に行くことにしました。

ちょっと予定より遅れて家を出て、かみさんの運転で
バイパスを走っていると、見覚えのある車が・・・
20120707_長岡01
目的地が我々とは違うようで、分岐点で別れ別れに。


そうこうしているうちに、長岡に到着。
すぐには美術館に向かわず、早めの昼食を食べるために、長岡駅前に。
20120707_長岡02  20120707_長岡03  20120707_長岡04

何やら、駅前の大手通では、イベントが行われているようです。
20120707_長岡05  20120707_長岡06

残念ながら、天候がいまいちなためか、時間が早いためか、人の出は少ないですね。
こんな天候のため、カタツムリが這い出てきました(笑)。
20120707_長岡07  20120707_長岡08


とりあえず、トイレを借りるために、「アオーレ長岡」に。
20120707_長岡17  20120707_長岡09
このアオーレ長岡は、著名な建築家の隈研吾さんが設計しています。
テレビ東京のカンブリア宮殿でも取り上げられました。

とりあえず、トイレ・・・。
清潔感のあるトイレですね。洗面台の天板は、一体成型されています。
掃除が楽そう。写真は撮りませんでしたが、下を覗き込むと合板の上に被せている構造ですね。
見栄え良く、コストも抑さえられているようです。
20120707_長岡10


そして昼食は、かみさんのリクエストで、「美松」で。
20120707_長岡11

なぜかと言うと、バラエティ番組の「秘密のケンミンSHOW」で
紹介された、「レーメン」を食べるためです。
20120707_長岡12
まだ11時で、昼食を食べるのには、ちょっと早いかなと思いましたが、
混まないうちにと思い入店しました。
あら~私達で満席になってしまいました。
店員さんに「レーメン」を注文し、待つこと20分弱。

これが「レーメン」!
20120707_長岡13  20120707_長岡14
TVで観たのと同じです。って、当り前か(笑)
これで¥580なり。
私は+¥100で大盛にしました。器が透明ではないので、
レーメンの雰囲気はいまいち。でも、ボリュームはありますね。
20120707_長岡15
肝心の味は・・・・・なるほど、マヨネーズがみそですね。
一般的なマヨネーズとは異なり、酸味が少なくマイルドな味わいです。
これを麺とからめると、絶妙な味わいです。
十分、レーメンを味わったので、お店の外に出ると、行列ができていました。
20120707_長岡16
早めに入店して良かった!


そして、再び「アオーレ長岡」に。
20120707_長岡18

何やら、大きな看板が設置されています。
「サフラン酒大看板」?
”酒”という単語に反応してしまいました。
長岡市に、摂田屋という地域があるのですが、そこに関わる看板らしいです。
20120707_長岡19  20120707_長岡20  20120707_長岡21

その後も、この建築物を探索しました。
20120707_長岡22  20120707_長岡23  20120707_長岡24


そして、ついでと言っては何ですが、学生の頃(学生の頃、長岡に5年住んでいました)、
好きだったコーヒー店に行ってみることに。
まだあるのかな・・・・・と思いつつ、当時あった場所に行ってみると・・・・
ありました。「おぐま珈琲店」。
20120707_長岡26

これは入ってみるしかないでしょう。
20120707_長岡27  20120707_長岡28
う~ん。変わっていないですね。最後に来たのは、24年前かな?

あっ!変わっているところがありました。
20120707_長岡29
店内に流れる音楽のソースが、昔はLPレコードでしたが、今はCDに!(笑)
それ以外は変わりませんね。

こちらのお店は、写真からも分かるように、いろんなカップが揃っています。
上にぶら下がっている様々なカップから、マスターが選んで珈琲を入れてくれます。
こちらの珈琲店は、テーブル席とカウンター席があるのですが、
お奨めは、カウンター席。
マスターが珈琲を入れるお手前を観るのがお奨めです。

そして、私がオーダーしたのは、「マンデリン」。
20120707_長岡30
学生の頃、愛飲していた銘柄です。
カップは、大倉陶園をチョイスして頂きました。

かみさんはマスターに相談し、「サントス」をオーダーしました。
20120707_長岡31
カップは、イングランドの・・・・・・なんてブランドだったっけ?
私が知らないブランドだったのですが・・・・年は取りたくないな~(笑)。

そうそう、こちらが水出し珈琲。
20120707_長岡32
学生の頃、飲みたかったけど飲めなかった逸品です。
お値段がちょっとお高く、貧乏学生には手が出ませんでした。

今日は、この後予定もありましたので、断念しましたが、
次回はこれを頂きたいと思います。


そして、ようやく本来の目的地の美術館に。
20120707_長岡33  20120707_長岡34

当然ながら、写真撮影はできないのですが、素晴らしい逸品が展示されていました。
しかし、今回展示されていたのは、北京の故宮博物院。
台湾の故宮博物院も観てみたいですね。


この後、帰宅したのですが、ちょっと寄り道して、日本酒を購入。
詳細は、また後日。










旧小澤家住宅

今日は、自転車に乗って、新潟市文化財である
「旧小澤家住宅」に行ってきました。
20120701_小澤家01
江戸時代後期に活躍されたいた商家・小澤家の店舗兼住宅です。

いい感じの茶の間。
20120701_小澤家02  20120701_小澤家03

こちらはシンガーミシン。
20120701_小澤家04
ものづくりに携わっている者にとっては、興味がそそられる逸品です。
特に、この鋳物のフレーム(?)がいい味出してます。

ガラスも手が込んでます。
20120701_小澤家05  20120701_小澤家06

仏壇も、透かし彫りがスゴイ。
20120701_小澤家07

素晴らしい部屋です。でも、冬は寒そう~。
20120701_小澤家08  20120701_小澤家09  20120701_小澤家10

なにげに置いてあった団扇に反応してしまします(笑)。
20120701_小澤家11

道具倉には、焼き物が3点展示されていました。
20120701_小澤家12

庭は、こじんまりとまとまっている感じです。
20120701_小澤家14  20120701_小澤家15

庭の隅には、陶製の灯篭が。
20120701_小澤家13
燕喜館にある灯篭と同じく、清水六兵衛の作です。
残念ながら、大きく割れていて、修復された跡があります。


2階が非公開なのが残念でした。2階も公開してくれないかな・・・。

こんな趣のある家に住んでみたいですね。
但し、気候の良い時期だけですが・・・。


黒ビール

昨日、登山から帰宅し、気分はビール。
ということで、少し前に飲み比べのために購入していた
こちらの黒ビール3本と共に夕食を。

20120630_黒ビール

左から
・エビス<ザ・ブラック>
・エチゴビール スタウト
・キリン 一番搾り スタウト

キリン 一番搾り スタウトは、以前も取り上げましたが、
私はこれを基準にしているので、今回も入れておきます。

さてさて、エビス<ザ・ブラック>は・・・
美味しい!コクというか、しっかりとした旨みが際立っています。
さすがエビスですね。価格が安いと申し分ないのですが・・・。

エチゴビール スタウトは・・・
何だこれ!スゴイ苦み。まろやかさは微塵も感じません。
すごくパンチが効いた感じですね。
ちょっと違和感があったので、エチゴビールさんのHPを確認
してみると、マイルドよりな味にしているらしい・・・・。
店頭での商品サイクルが低いため、味が変わってしまったのか?
ちょっと今回だけで判断しかねますね。
今度は、よりフレッシュな物を飲んでみたいですね。

キリン 一番搾り スタウトは、やはり私の中では、
黒ビールの基準ですね。無難というか、バランスが取れています。

でも、やっぱり普段飲みは、「サッポロ 麦とホップ 黒」かな(笑)。

倉手山

昨日は、山形県の倉手山(953m)に登ってきました。
今回は、8名のパーティです。
登山口に到着し、早速準備。
20120630_倉手山01

いざ、出発~!
20120630_倉手山02

いきなり、急登が続きます。
20120630_倉手山03

休憩。周囲の山の景色も良く、爽やかな風が心地よいです。
20120630_倉手山05  20120630_倉手山04

再び登り始めます。
あれが目指す頂上か?
20120630_倉手山06

花が咲いていました。
イワカガミ
20120630_倉手山07

頂上が近付いてきました。景色も更に良くなってきました。
20120630_倉手山08  20120630_倉手山09

今度はチゴユリが咲いていました。
20120630_倉手山12

頂上はまだかな~と思っていたら、ひょっこり頂上に出ました(笑)。
20120630_倉手山13


飯豊連峰がすぐそこに!すばらしい眺望ですが、雲が掛かっているのが残念・・・。
20120630_倉手山15  20120630_倉手山16  20120630_倉手山17

我々の他にも、飯豊連峰を眺めに来た登山者の方々。
皆さん、この眺望に感動されていたようです。
20120630_倉手山19


眺望をしばし堪能した後、早めの昼食を取ります。

今回も汁物を作りました。過程は省略し・・・・・無事完成!良かった~。
20120630_倉手山18


そして、こんな天気の良い時には冷たい飲み物。
サッポロ アイスラガーセブン。(運転手ではありません)
20120630_倉手山20
う~ん。淡麗辛口。キレがあります。コクは感じませんが、
炭酸のシュワシュワ感も強く、こんな、汗をかいた後にはピッタリですね。

飯豊連峰を眺めながらの昼食、美味しかったですね。
汁物も美味しく頂けて、最高の気分です。


昼食後、みんなで集合写真を撮って下山します。
20120630_倉手山30

下山している間も、前方の眺めは素晴らしく、気分がいいです。
遠くに、朝日連峰が見えているらしいです。(素人の私にはよく分かりません。)
20120630_倉手山23  20120630_倉手山24

木陰に入ると涼しい~。
20120630_倉手山25

無事下山。急な下りは、結構脚にきました。
(翌日にそれを思い知らされることになります。)
20120630_倉手山26

新潟に帰る前に、近くの施設で汗を流します。
こちらの川入荘では、宿泊しなくても、¥500で入浴だけできます。
内湯と外湯(露天風呂)があります。
20120630_倉手山29  20120630_倉手山27

露天風呂からは、山の他に、川を眺めることができます。
(写真は、露天風呂から撮った訳ではありませんが・・・。)
20120630_倉手山28
ちなみに、こちらの山荘では、岩魚を食べることができます。
鮎は、街の料理屋さんでも食べることができますが、
岩魚は、なかなか食べれないと思います。
食べたことがない方は、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。


梅雨とは思えない天候に恵まれ、非常に楽しい登山でした。
また皆さん次回、よろしくお願いします。



プロフィール

酔いどれクロモラー

Author:酔いどれクロモラー
新潟県在住です。
もともと、キャンプでの遊び道具
として買ったMTBが一番の趣味
になっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR