イノダコーヒ 栗のタルト

今日のおやつは、新潟伊勢丹で催されている「京都歴代のれん市」で購入した、
イノダコーヒ「栗のタルト」です。この時期の限定商品です。
伊勢丹での販売価格は、¥441です。
20121028_イノダコーヒー_栗タルト

ずっしり重量感があり、口に入れても、しっとり感があります。
甘味はやや強めで、やはりコーヒーに合うように作られているんでしょうか。
紅茶では、ちょっと合わなさそうです。
上にはカリカリのナッツ?が乗っていて、これも良いアクセントになってます。

残念なのは、一緒に飲んだコーヒーが自宅にあった、
安いコーヒーで、コクが足りませんでした。
今度は、イノダコーヒーの豆を買って一緒に飲みたいですが、
なかなかお高いので・・・orz。
スポンサーサイト

若冲・応挙の至宝

昨日午後からは、新潟市歴史博物館で催されている、
「若冲・応挙の至宝」を観に行きました。
20121027_2_02  20121027_2_03
別会場、会津八一記念館と分けて行われていますが、
新潟市歴史博物館の方だけ観ることにしました。

やっぱり若冲は素晴らしいです。墨の濃淡だけでの表現方法なんか、
絶妙ですね。
応挙は、今回の展示作があまり好みでなかったのが残念。
その他、仁清や楽家の茶碗なども展示されており、
新潟市では久々にいい物が観れたと思います。


ついでなので、この辺も散策。
旧新潟税関庁舎。なまこ壁が映えますね。
20121027_2_04  20121027_2_05


旧第四銀行 住吉支店。
20121027_2_06

中も、無料で観ることができます。
20121027_2_08  20121027_2_09  20121027_2_10  20121027_2_11

1階には、カーブドッチのレストランが入っています。
カウンターが銀行の名残を感じさせます。
まだ利用したことがないのですが、一度食べ(飲み)に来たいです。
20121027_2_12


かみさんのリクエストで、とある豆腐店で、
豆腐ソフトクリームを食すことに。レギュラーサイズで¥150なり。
20121027_2_13  20121027_2_14
おお!確かに豆腐の味がする。
ただし、食べ進むにつれて、舌が慣れてしまい、豆腐の味は薄れていく感じです。


最後に、地酒防衛軍でお酒を購入。
改装されてから、初めて行ったのですが、店内が広くなり、お酒の種類も増えてますね!
今後は、もう少し頻繁に行こうと思います。
20121027_2_15

非常に充実した1日でしたが、疲れた・・・w。

角田山 灯台コース

今日は天気も良いので、かみさんと角田山に登ることに。
20121027_角田山01
8:05駐車場到着。すでに多くの車が並んでいますが、この時間だと、
釣り客の方が多いと思いはずです。

準備をして早速登り始めます。
しばらくは急登が続き、すぐに灯台が眼下に。
空も海も青く綺麗で、気持ちいいです。
20121027_角田山02  20121027_角田山03

久しぶりの岩場。風がやや強いので、気をつけないと(汗)。
20121027_角田山04

中腹の梨の木平でちょっと休憩。頑張れちびっ子梨!
20121027_角田山06  20121027_角田山05

中腹を過ぎると、登山道は思ったよりウェット。
私の嫌いな木道は滑るので要注意。一昨日、MTBで登らなくて良かった。
20121027_角田山07

1時間ほどで山頂に。
20121027_角田山08

帰りの下りに備えてサポーターを装着。
20121027_角田山09
このサポーターが優れモノで、膝の痛みをかかえている私は、
これがないと山には登れません。

下りは、空が良く見えます。
かみさんに、新井由美(松任谷由美)の「ひこうき雲」の話をしたら、
かみさんは良く分からないようでした・・・。
20121027_角田山10

下りも登ってくる登山者のすれ違いなどで、所要時間は1時間程度。
帰りは、いつも通りぼっちチャリ。
献血で貰ったビスコでエネルギーチャージですw。
20121027_角田山11 20121027_角田山12

この後、風に心が折れそうになりながらも、12:00無事帰宅。
途中、ローディの方にぶち抜かれたのは、言うまでもありませんw。







角田山・・・

今日は、代休。
平日で紅葉前だし、ハイカーも少ないのでは?と思い、MTBで角田山に登ることに。
7:45自宅出発。

R402-北国街道-五ケ峠 ルートで到着。
駐車場には、思いのほか車が多い。こんなはずでは・・・。
20121025_角田山
バナナを食べながらしばし思案。
思ったよりウェットコンディションの様だし、
ここは潔く撤退することに(泣)。


しかたなく、帰りにいつもの松林に寄るも、一昨日の豪雨で
トレイルが削れている部分が数か所orz。
20121025_松林


あぁ、新津丘陵に行けばよかった・・・。

サッポロ 琥珀エビス

今日は、ちょっと頭を使った1日だったので、奮発して
サッポロ 「琥珀エビス」
20121021_琥珀エビス01  20121021_琥珀エビス02
なんだかよく分かりませんが、6本パックにはコースターが付いてました。

琥珀エビスは、毎年(?)限定販売されていますが、私は飲むのは久しぶり。
どんなビールだったかは全く覚えていません(笑)。

製麦時にローストしているということで、味わいはどうかな・・・・というと、
ノーマルエビスに黒ビールっぽい味わいというか、麦茶っぽい味わいがプラスされた
感じでしょうか。後味が残る感じはありますが、口当たりはまろやかに思います。
なんか不思議な感じですね。
私の好みとしては、ノーマルエビスや黒エビスの方が好きかな・・・。
エビスをがぶ飲みするのはもったいないので、500ml2本だけ(かみさんも一緒に飲んで)
で止めました(泣)。


この後は当然これで終わらず、日本酒をちょっと飲んで、
健康のことも考え、赤ワインでポリフェノールを補給しておきました(笑)。

菓子工房 風花 「新栗のモンブラン」

昨夜は、以前勤めていた会社の関係の方たちと、
新潟駅前のこちらで飲み会。
20121020_網元01
楽しいひと時を過ごしました。


そして今日は、明日の受かる見込みの無い試験のために、一応勉強。
おやつの時間には、スィーツで、普段使わない頭にエネルギー補充。
20121020_ケーキ01
菓子工房 風花 「新栗のモンブラン」です。
価格は¥525と、モンブランとしてもやや高めでしょうか。

味は、全体的に甘みがかなり抑えられています。
中の新栗の味を生かすためでしょうか。
疲れた頭/体には、もう少し甘い方がいいかな。


夜は、アルコールでエネルギーチャージして、明日に備えますw。


サッポロ 北海道PREMIUM / 栄川酒造 栄川 吟醸

今日の昼食は焼きそば。ということで、飲み物はこちら。
「サッポロ 北海道PREMIUM」
昨日スーパーで、6本パッケージの松島菜々子さんが私に微笑みかけていたので、
思わず購入してしまいました(笑)。
20121013_サッポロ_プレミアム01
これは以前、出張の時に宿泊先のホテルで一度飲んだことがあるだけでした。

今回、改めて飲んでみたのですが、非常にすっきりした味わいです。
裏を返すと、コクが無いとも言えますが・・・・。
ニュージャンルにそこまで求めるのは酷というものでしょう。


夜は、明日の飲み会の練習を兼ねて、こちらを飲みました。
栄川酒造 「栄川 吟醸」です。
20121013_栄川吟醸01  20121013_栄川吟醸02  20121013_栄川吟醸03
先週の福島県で行われたMTBのレース帰りに購入したものです。

蔵元のHPに掲載されている成分表は下記の通りです。
アルコール度数 : 15.5%
日本酒度 : +3.0~+4.0
酸度 : 1.0~1.1
アミノ酸 : 1.5~1.6
原料米 : 山田錦
精米歩合 : 麹米60%・掛米60%

瓶のラベルに印刷されている情報とはちょっと違いますね。
ラベルでは、淡麗やや辛口となっています。

実際に飲んだ感じですが、吟醸香はそれほど強くありません。
口に含むと、旨みもそこそこ、キレはそれほどよくありません。
と言うと、悪い印象っぽくなってしまいますが、余韻が残ります。
そこそこバランスが取れているといったところでしょうか。
ただし、この価格(1升で\2,000)を考えると、
お買い得かなと思います。

以前から思うのですが、全般的に東北のお酒はコスパが高いかな?

第6回 ジンギスカップ

昨日は、ジンギスカップに行ってきました。

地元の方の話では、昨日ゲリラ豪雨があったということで、
林の中は、ややウェットコンディション。
試走でコケテしまい、レース前にドロドロに(笑)。


開会式後、恒例の記念撮影です。
20121008_ジンギスカップ01

我がチームのトップバッターは、エリートクラスに出るエース2人(KGさん、若TNBさん)。
出走前に、山本和弘選手と、和やかに話をしています。
20121008_ジンギスカップ02
アスリート同志、レベルの高い話をしているのでしょう。


そして、エリートスタート。
20121008_ジンギスカップ03  20121008_ジンギスカップ04  20121008_ジンギスカップ05
上り1号線を、山本選手/竹谷賢二選手の後を追って、エース2人も負けず劣らず、力強く登って行きます。

しばらくエリート選手達の走りを観戦していましたが、調子よく走っていたKGさんの
姿が見えません。みんなでどうしたのか心配していると・・・・
MTBを押して戻ってきました。
20121008_ジンギスカップ06
ありゃー、チェーンがプッチンしてます。
力強い走りに、チェーンが耐えきれなかったんですね~。残念。

若TNBさんは、4位入りました。さすがですな!


そして、ジュニアクラスでは、我がチームの将来を背負う(背負ってくれるのか?)
子供たちも、初参加。頑張って走りました。
20121008_ジンギスカップ07  20121008_ジンギスカップ08


最後に、我がチームでは一番参加人数が多い、スポーツBクラスの出走。
愛driveさん、SSKさん、HOTASさん、takさん、私の計5名。

20121008_ジングスカップ09
takさんの力強い登り。

20121008_ジンギスカップ10
愛driveさん、今年は飛びました。
でも、カメラマンは流し撮りというテクを知らないので、こんな写真に・・・orz。

20121008_ジンギスカップ11
試走でコケた3熊ドロップスを行く私。

20121008_ジングスカップ12
SSKさんも絵になってます。
顔を隠していますが、凛々しい顔でカッコよく走ってます。

20121008_ジンギスカップ13
自転車に乗れてないと嘆いていたHOTASさんも、無事完走。

20121008_ジンギスカップ14
結果はさておき(笑)、走り終わって、みんな清々しい顔をしています。


走り終わったら、ジンギスカンを食べながら、アルコール補充します。
20121008_ジンギスカップ15  20121008_ジンギスカップ16
ちょっと疲労回復。


恒例のじゃんけん大会。走ってるときより、いきいきしている人も多いように思います(笑)。
20121008_ジンギスカップ17  20121008_ジンギスカップ18


大会終了後、頂いた入浴券を使って、温泉で汗(とアルコール)を流します。
20121008_ジンギスカップ19
我が家は、猪苗代観光ホテルに行ってみました。
浴室は洗い場の数も多く、浴槽もまずまずの広さでした。


そして忘れちゃいけません。復興支援のため、お土産を購入。
20121008_ジンギスカップ20
帰宅後、早速開封し、いただきま~す。
ブログアップするはずが、眠ってしまいました(笑)。


今年も、楽しい1日を過ごすことができました。
スタッフの方々、猪苗代高校ボランティア部の方々、ありがとうございました。
また来年も参加しますので、よろしくお願いします!






水羊羹 食べ比べ

明日のMTBのレースのためのドーピングが足りなさそうなので、
今日のおやつには、夏に入手して冷蔵庫で寝かせておいた、
水羊羹を食べることにしました。

20121007_水羊羹01
左から、
1.俵屋吉富「本生水羊羹」
2.笹屋伊織「本生水羊羹」
3.笹屋伊織「本生水羊羹 小倉」
俵屋吉富/笹屋伊織、どちらも京都の老舗和菓子店です。

同じ、本生水羊羹ですが、味はかなり違います。
俵屋吉富は、柔らかく、口の中ですぐに溶けてなくなる感じです。
甘さも控えめで、後味がさらりとしているというか、キレがあるというか・・・
上品な感じですね。

笹屋伊織は、俵屋吉富と比べると固いです。(一般的な固さかな?)
甘みもしっかりしていて、後味も口の中に残ります。
小倉も基本的には同じ傾向ですね。


私はどちらが好きかというと・・・どちらもそれぞれ良さがあって決められませんが、
夏の暑い盛りのときは俵屋吉富、疲れていて、体が甘みを欲しているときは
笹屋伊織ですね。


夜、体重測定したら、思った通りのドーピング効果が出て、
体重/体脂肪が増加していました。
これで、明日のレースでは、下りのアドバンテージができました(笑)。

青木酒造 鶴齢 山廃純米

明後日は、福島県で行われるMTBのレースに出場予定。
今年の夏は、自転車にあまり乗れなかったので、結果は何となく
想像できますが、少しでも良い結果が残せるように、ドーピングに
頼ることにします。

先日開封した笹祝のひやおろしがまだ残っていたので、それを空けてしまします。

次は、青木酒造「鶴齢 山廃純米」です。
酒屋さんで見つけたのですが、もともと鶴齢は好きな銘柄ですが、
山廃が存在するのを知りませんでした(汗)。
20121006_鶴齢山廃01  20121006_鶴齢山廃02  20121006_鶴齢山廃03

まず、冷酒で飲んでみます。
山廃独特の香り/酸味が感じられるものの、どっしり感はあまり感じません。
鶴齢らしい飲みくちです。

次にぬる燗にしてみます。
お米の旨みが強くなります。精米歩合は70%と、あえて抑えてあり、
純米ということもあって、「米」の旨みが感じられるのだと思います。
使用している米の銘柄は何なんでしょうかね・・・。

冷や(常温)では飲んでみなかったのですが、冷やでも飲んでみたいですね。


今日は味見程度にしておいて、明日のドーピングの仕上げに
残しておくことにします(笑)。


プロフィール

酔いどれクロモラー

Author:酔いどれクロモラー
新潟県在住です。
もともと、キャンプでの遊び道具
として買ったMTBが一番の趣味
になっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR