アサヒスーパードライ -ドライプレミアム-

先日、アサヒビールから送られてきました。
20130630_ドライプレミアム01
アサヒスーパードライ -ドライプレミアム-
ギフト用の限定販売とのことです。


20130630_ドライプレミアム02
味わいは、通常のスーパードライに比べて、香り/旨みがあるように思います。
(通常のスーパードライと飲み比べすれば良かったんですが・・・・)
アマリロホップというホップを使っているからでしょうか。
でも、苦味は少ないですね。
ドライの特徴である、キレの良さがあるので、
コクのあるビールが苦手な方には、飲み易くて良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

焼肉ロッヂ

さてさて、夜はこちらで自転車関係の飲み会です。
20130629_ロッジ01


20130629_ロッジ02  20130629_ロッジ03  20130629_ロッジ04
いや~、食べて飲んで楽しいひと時でした。
でも、もうちょっと飲んどけば良かったかな~(笑)。

幹事さん、参加された皆さん、ありがとうございました。

新津丘陵

今朝は、久しぶりに新津丘陵に。
お相手は、1年ぶりのひろぼうさん。
集合時間は6時なので、自走の私は4時45分頃自宅出発。
この時間だと車が少ないし、気温もそれほど高くないので、
走りやすいですね。


20130629_新津丘陵01
でもって、ひろぼうさん。
しかし1年ぶりって、季節がら「織姫と彦星?」って感じです(笑)。


今日の目的は、ひろぼうさんの「三角点コース」が、
私がいつも走っているコースと同じなのか確認することです。


・・・・で、やっぱり同じでした。
20130629_新津丘陵02
やっぱりこのコースが一番楽しいですね!

ひろぼうさんと分かれた後は、もう少し走ろうと思ったのですが、
今夜は大事な飲み会が控えていますので、素直に変えることにしました。


今日の昼食は、今夜のウォーミングアップのため、飲んじゃいます。
20130629_ランチ01
これで今夜の準備はOKです!




四万温泉旅行(2日目)

温泉旅行2日目。


起床後、ひとまず温泉に入ります。
昨夜の雨もすっかりあがり、露天風呂も気持ちいいです。

その後、朝食。
20130624_四万温泉01


一息ついて、チェックアウト前に、温泉街をちょっと探索。
月曜日なので、人通りがありません。


20130624_四万温泉02  20130624_四万温泉03
こんな風に、飲泉所があります。
四万の温泉は、ナトリウムが含まれているので、ややショッパイ感じ。
胃腸に良いらしいです。


20130624_四万温泉04
お世話になった積善館本館、玄関の脇に昔の外廊下の面影が残っています。
この後チェックアウト。

私の趣味で選んだ積善館、楽しめました。
古い物/建物に興味がある方にはお勧めです。



帰路につく前に、周辺を観光。

まずは、奥四万湖。
20130624_四万温泉05  20130624_四万温泉06  20130624_四万温泉07
四万川ダムによる人工湖ですが、水の色は鮮やかな青。
どうしてこんなに青いのか、科学的に判明していないようですが、
福島県の五色沼と同じではないか・・・・ということです。


奥四万湖の近くにある、日向見薬師堂。
神のお告げで、温泉が湧き出てきたことから、
薬師如来をまつったとのことです。
20130624_四万温泉08

その脇には、四万温泉由来の湯、御夢想の湯があります。
20130624_四万温泉09
無料(志のみ)の共同浴場です。


その後、帰路に就きます。

途中、こんなところに寄り道。
四万の甌穴。
甌穴とは、”川の流れが渦巻き状になることより石や砂が同じところを循環し、
川底の岩盤と接触して侵食されてできた丸い穴”
とのことですが、初めて聞きました。
20130624_四万温泉10  20130624_四万温泉11  20130624_四万温泉12  20130624_四万温泉13


両親が満足してくれたのか疑問ではありますが、
梅雨の時期に天候にも恵まれ、それなりに楽しく過ごすことができたと思います。

四万温泉旅行(1日目)

以前、実家の両親が「今年は金婚式だ・・・・」などと呟いて(ぼやいて)いたので、
今日から1泊2日で温泉旅行に連れていくことにしました。

行先は、群馬県の四万温泉で、宿泊先は、私の好みを優先し(笑)、
”日本最古の温泉建築宿”「積善館」にしました。

20130623_四万温泉01  20130623_四万温泉02
この積善館は、映画「千と千尋の神隠し」の油屋のモチーフの一つなった
宿でも知られています。


こちらの宿は、
元禄4年に建てられた(その後増改築されていますが)「本館」、
昭和11年に建てられた、桃山風の「山荘」、
昭和61年に建てられた、純和風の「佳松亭」
と、大きく3つに分かれています。


で、我家が泊ったのは、「山荘」の角部屋。
部屋はこんな感じ。
20130623_四万温泉03


あちこちに、当時の名工の技が見てとれます。
20130623_四万温泉04 20130623_四万温泉05 20130623_四万温泉06
当時の文豪などの著名人が避暑に訪れたというのも、うなずけます。


夕方16時からは、19代目社長による、歴史探索ツアーが行われるということで、
温泉にも行かずにそちらに参加。
20130623_四万温泉07
PC+プロジェクターで、昔の写真などを見ながら説明を聞きます。

その後は、社長の説明を聞きながら、館内を巡ります。
20130623_四万温泉08  20130623_四万温泉09  20130623_四万温泉10
社長の軽快な語り口調で、十分楽しめました。
所要時間は45分程度ですので、積善館に泊るなら、参加してみてはいかがでしょうか。


20130623_四万温泉11
歴史探索ツアー終了後、改めてこちらのトンネルに。
本館と山荘をつなぐトンネルですが、千と千尋・・・・では、異界に続くトンネルの
モチーフになったらしいです。


温泉は後回しにし、夕食です。
夕食は、佳松亭にあるラウンジで頂きますが、
こちらのラウンジも、新しいですが、味のある造りになっています。
20130623_四万温泉12  20130623_四万温泉13


料理はこんな感じのコース料理で、この後何品か出てきます。
20130623_四万温泉14
しかし、真上から写真撮って、ちっとも美味しそうじゃないですが、
そんなことはありません(笑)。

20130623_四万温泉15
当然、お酒も頂きます。


その後、ようやく温泉に行きますが、
夜から降り始めた雨で、例のトンネルは雨漏りしてました。
20130623_四万温泉16
一カ所、天窓があるのですがここから雨漏りです。
まぁ、これも味があっていいかなと思いますが、
どうせなら、バケツも味のあるバケツにして欲しいところですね(笑)。


浴場はいくつかあるのですが、まず一番大きな「杜の湯」に入って、
体を洗った後に、”大正ロマネスクを用いた”「元禄の湯」に行きました。
写真撮影は禁止なので、積善館公式HPより借用しました。
20130623_四万温泉17
いい感じです。
壁の小さな戸を開くとそこには、なんと、個室のサウナがあります。
タイル貼りで、人が1人楽な体勢で座れるような形状になっていて面白いです。


風呂上がりは、当然ビールをしこたま飲んで、夜は更けていきました・・・・。







富士山サブレ

食後のおやつ(?)。

友人夫妻がアルビの応援で静岡まで遠征した際のお土産です。

20130619_富士山サブレ01
富士山サブレ。旬ですな。


パッケージの裏面は・・・・
20130619_富士山サブレ02
赤富士!

メーカー曰く、青い方が夏をイメージし、赤い方が冬をイメージしているとのこと。


20130619_富士山サブレ03
肝心の中身の方は、サクサクとした軽やかな食感で、
中高年の体にも優しく(笑)、美味しく頂けました。

でも、軽やかだからと言って、一度に何枚も食べないようにしなきゃねw。

護摩堂山

今日は、友人夫婦と護摩堂山に。


20130616_護摩堂山01
前日の雨の影響で、ややウェットコンディション。


途中、寄り道して(と言うか、下山して)「手取ヶ渕の滝」に。
20130616_護摩堂山02
滝に降りる道は、藪&滑るコンディションのため、
女性チームは見ることを断念しました(T_T)。


気を取り直して、再び山頂を目指します。


20130616_護摩堂山04
数年前に植えられたヒメサユリは、咲き終わった物と、
これから咲く物と両極端。唯一、写真が撮れたのがこの一点。

その他に咲いていたのは
20130616_護摩堂山03
ホタルブクロ


そして山頂到着。
楽しく昼食を取った後、護摩堂山の名物、アジサイを。
20130616_護摩堂山06  20130616_護摩堂山05  20130616_護摩堂山07
まだまだ、2~3分咲きと言ったところでしょうか。


アジサイを見た後は下山。
日差しが強くなってきましたが、新緑のおかげで、
木陰の中を快適に降りてこれました。
20130616_護摩堂山08


「手取ヶ渕の滝」が残念な結果だったこともあり、
「白玉の滝」に行くことにしました。
20130616_護摩堂山09  20130616_護摩堂山10
勝手にパワースポットということにして、
マイナスイオンを全身に浴びて自己満足(笑)。


帰りには、定番のこちらのジェラート屋さんに寄ります。
20130616_護摩堂山11
私は、「かりんとう」味をチョイス。こんな味があるんだ。


かなり端折りましたが、とても楽しい時間を過ごせました。
それでは、次回はもうちょっと高い山に行きましょう!



チューブレス バルブ

MTBのタイヤを、久しぶりにチューブレスに戻そうと思ったら・・・・
バルブキットのOリングが劣化していましたorz。
20130613_バルブ01

バルブキットを買おうと思ったら、結構高い。
バルブ自体にインサート成型されたゴム部分は、それほど劣化が
進んでいないようなので、Oリングだけホームセンターで購入することにしました。

20130613_Oリング01
Oリングがあまり揃っていなく、水回りのコーナーで、
三栄水栓製作所の保守パーツで見つけました。
サイズはJIS規格のP5。材質は、一般的なNBR。
購入価格¥118。安く上がりました(^.^)。

KITTE

今日は、関東方面に出張だったのですが、
帰りにKITTEに寄ってみました。
20130610_KITTE01


20130610_KITTE02
三角の空間が、独特な感じです。


一番、観てみたかったのがインターメディアテク。
20130610_KITTE03

しかし、月曜日は休館ということでしたorz。
美術館/博物館と一緒ですね。残念。
20130610_KITTE04


しょうがないので、屋上庭園に行ってみました。
20130610_KITTE05  20130610_KITTE06

東京駅も、また違ったアングルで見ることができます。
20130610_KITTE07


ショップはあまり興味がありませんが、
新潟発のショップも頑張ってます。
20130610_KITTE08


で、お土産も新潟発、「大阪屋 万代太鼓」
20130610_KITTE09
新潟の人が新潟の菓子買ってどうするんだって感じですが、
KITTE限定の万代太鼓なんで、新潟では手に入らないんですよね~。



豊醇無盡たかちよ 純米大吟醸 扁平精米 無調整生原酒

先日、長谷川屋さんで購入した
高千代酒造
豊醇無盡たかちよ 純米大吟醸 扁平精米 無調整生原酒
20130609_たかちよ01  20130609_たかちよ02
購入価格は¥3,360/1800ml。

アルコール度数 : 16度
日本酒度 : 不明
酸度 : 不明
アミノ酸 : 不明
精米歩合 : 48%
原料米 : 一本〆?

夏限定の季節商品です。
夏限定なら、スッキリした味わいかと思えば、
相変わらず、ものすごい超芳醇。
ひらがな「たかちよ」、全シリーズ飲んでみたいです。

菅名岳でミッション

今日は、菅名岳で、とあるミッションを遂行します。
20130608_菅名岳01


入口には、くまモン。
20130608_菅名岳02


とりあえず作業道を登ります。
今日のメンバーは、総勢5名です。
20130608_菅名岳03
ちょっと天候が心配です。


20130608_菅名岳04
沢の脇からは急登。

20130608_菅名岳05
急登が続きますが、新緑の中なので気持ちいいです。


今はこんな花が咲いてます。
20130608_菅名岳06  20130608_菅名岳07  20130608_菅名岳08 
   ギンリョウソウ         ツツジ           ツバキ


菅名岳山頂前の、鳴沢峰でミッション開始。
しかし、しばらくしてから雨が降り始め、そのうち本格的な雨に。


ミッションは中断し、菅名岳山頂も行かずに下山することに。
20130608_菅名岳09


徐々に雨も上がってきました。
階段も滑るので要注意です。
20130608_菅名岳10


そして、雨上がりに注意しなければいけないのが、こいつ。
20130608_菅名岳11
蛭です。
駐車場に戻ってから、ズボンの裾をめくったら、いました。
他にいないか、隅からすみまで、くまなく探して本日は終了。

疲れた~。


エビス プレミアムブラック

今日は、新発売の
エビス プレミアムブラック。
20130607_エビス_プレミアム_ブラック01
どうやら、今までのエビス<ザ・ブラック>が生産終了となり、
こちらに切り替わったようです。


ザ・プレミアムモルツ<黒>と飲み比べてみます。
20130607_エビス_プレミアム_ブラック02
エビス、旨いです。いい苦みですね~。
このところ、エビスの新商品は、好みの味ではなかったので、
ちょっと嬉しい。

プレミアムモルツ、今まで黒ビールの中で一番旨いと思っていましたが、
あまり旨く感じません。
飲む季節によって違うのかな~。


とにかく私の中では、エビス プレミアムブラック、黒ビールの中で
一番のお気に入りになりました。
でも、価格が高いので、そうそう買えませんけどね・・・・。

姨捨

今日は、出張で長野県千曲市に。

私は車で移動ですが、最寄駅で一人ピックアップします。
その最寄駅が、姨捨駅。
前から気になっていたんですよね。いわゆる姥捨て山ですね。(漢字は違いますが)
ちなみに、全国でも珍しい、スイッチバック方式を擁する駅です。
20130606_姨捨01
そして、標識には「姨捨公園」とあります。
ひょっとして、昔は非人道的なことが行われていたのか・・・・。


時間があるので、ちょっと行ってみます。
20130606_姨捨02


20130606_姨捨03
う~ん、読めない。(読み気が無い。)


20130606_姨捨04
こちらに、何やら解説らしき文章があるのですが、
消えかかっていて、読めません。


20130606_姨捨05  20130606_姨捨06
結局、非人道的なことが行われていたのかは不明で、
普通のビュースポットでした。
なお、姨捨駅のホームからの景色は、日本三台車窓になっているとのこと。



なんとか、仕事を終えて帰路についたのですが、
なんか、デカイ草鞋が目に入りました。
20130606_知識寺01  20130606_知識寺02  20130606_知識寺03
帰りが遅くなるので、良く観れなかったのですが、
何のために、こんなデカイ草鞋を作ったのか・・・・。




キリン 澄みきり

キリンのニュージャンルの新製品
「澄みきり」
20130605_澄みきり01
謳い文句は、
「力強く澄みきった、飲み飽きしないうまさ」。

う~ん、澄みきったというよりは、薄味かな。
飲み飽きしないというよりは、コクが無く飲み易い感じかな。

残念ながら、ちょっと私の好みとは違いました。
でも、スポーツ後に、ゴクゴク水代わりに飲むのに、ぴったりだな。

狼さん 先週に引き続きありがとう

今日も、先週に引き続き、狼さんのホームで走らせて頂きました。

20130602_MTB01
メンバーは
さんぺいさん、愛driveさん、HOTASさん、KIYOさん、ワタクス。

先週はヘロヘロでしたが、今日は、昨日のアルコール エネルギーチャージの
おかげで、まだなんとか走れました。
しかし、やっぱり楽しいコースですね。
皆さん、ありがとうございました。

おかげで、また美味しくお酒が飲めますw。

ジュヴァンセル さがの路

今日のおやつ

京都、ジュヴェンセルの「さがの路」。
20130601_さがの路01  20130601_さがの路02
購入価格 ¥357。

笹の葉で包まれており、和菓子と思いきや、
レアチーズケーキの間によもぎ餅が挟んであり、
更に抹茶風味の餅で包んであるという、
和洋折衷のお菓子です。

なかなか面白い感じですが、私は和菓子/洋菓子と
明確に分けてある方がいいかな。

角田山 ほたるの里コース

今日は、かみさんと角田山に。
どのコースをチョイスしようかな・・・・と迷いましたが、
ほたるの里コースに決定。
20130601_角田山01
8:30頃から登山開始。
このコースは、角田山の公認コースの中では、一番のロングコース。

20130601_角田山02
今咲いている花で目立つのは、つつじ。
夏になると、クルマユリが咲くのですが、まだ早い。

20130601_角田山03
梅雨前で、いい感じです。

20130601_角田山04
このコースは、ほぼ木陰を登るコースなので、
紫外線が強いこの時期でも、日焼けが気になりません。

1時間後、山頂到着。
いつものように、ちょっと休憩して、すぐ下山。
下山途中で、知り合いに遭遇。すごい偶然。


帰りは、いつもの様に私だけ自転車ですが、
今日は寄り道。
前から気になっていた酒屋さん、「長谷川屋」に。
20130601_角田山05
マイブームの高千代酒造さんを扱っているのを、
ネットで知って寄ってみました。

おぉっ!「たかちよ」がずらりと並んでいます!
1本購入しちゃいました。
下越地方では、なかなか「たかちよ」を見る機会はありません。
他にも気になるお酒があり、「長谷川屋」さん、
しばらくは贔屓にしたいと思います。


帰路は向かい風で、家にたどり着かないと思いましたorz。



プロフィール

酔いどれクロモラー

Author:酔いどれクロモラー
新潟県在住です。
もともと、キャンプでの遊び道具
として買ったMTBが一番の趣味
になっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR