越の鶴 本正 純米吟醸濾過前原酒

今日は、久しぶりにお酒ネタです。

先週末、長岡に行った帰りに、新潟市西蒲原区にある
酒屋さん「おはぎや商店」に寄りました。
こちらのお店は、家族経営のそれ程大きなお店ではなく、
店頭に置いてあるお酒もそれ程多くはないのですが、気になるお酒ばかり。

お店の方(若旦那)のお話を聞きながら、そして、かみさんの顔色を
窺いながら(これ重要です)選んだのはこちら。
20120710_越の鶴_本正01
「越の鶴 本正 純米吟醸濾過前原酒」
瓶のラベルにもあるように、中取りの生酒です。
価格は¥3,250で、我が家としては頑張りました(笑)。

これは22BYを、お店で寝かせてあった物です。
店頭には無いのですが、倉庫の中には23BYもあるそうで、
どちらが良いか聞かれたのですが、最近は寝かせてあるお酒に興味があるので、
店頭に置いてあった22BYにしました。
生酒は、寝かすと味が良くない方向に変わってしまうかな・・・・とも思ったのですが、
新聞紙で包まれ、大事そうに保管されていたし、まっいいか。
20120710_越の鶴_本正02  20120710_越の鶴_本正03
新潟のお酒には珍しい、日本酒度がマイナス。
最近では、淡麗辛口ではない日本酒が好きな私としては、
寝かせてあることも相まって、期待度大です。


購入した夜、早速飲んでみなした。
香りは・・・吟醸香はするのですが、一般的なフルーティさとは違う感じです。
酵母は9号系なのでしょうか?
口に含むと、甘さ/旨みが口の中に広がります。
22BYなためか、余韻が残り、キレはよくありません。
料理には合わせにくいかもしれませんが、私は気に入りました(^_^)。
23BYだと、もっと軽やかな感じなのでしょうか。う~ん、23BYも飲んでみたいところです。

お店の方は、「開封して4日くらいすると、辛口になるよ」と言っていたので、
甘口を求めている私としては、一気に飲んでしまいたいところでしたが、
かみさんの目もあり22BYであることもあり、そんなに変わらないことを期待し、
また今週末に飲んでみることにします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

 思わずコメントさせてもらいます。

ぼくも去年『本正』を飲みました(^u^)

たしか同じ中取りの生だったかな~

甘酸の衝撃は今でも覚えています!

ただ酔いどれクロモラーさんの購入し物は、

一年の瓶熟を経てどう変化しているか気になるところですね。

Re: お久しぶりです

ゆじゅパパさん

こちらこそ、お久しぶりです!

ゆじゅパパさんは、既に飲まれていたんですね。
辛口志向のゆじゅパパさんには、たしかに衝撃的なお酒だったでしょうね~。

私にとっては、久しぶりに好みのお酒に巡り合えた感じです。
今週末、どんなふうに味わいが変化しているのか、飲むのが楽しみです(^_^)。

プロフィール

酔いどれクロモラー

Author:酔いどれクロモラー
新潟県在住です。
もともと、キャンプでの遊び道具
として買ったMTBが一番の趣味
になっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR